リチャード・オースティン

リチャード・デニス・オリヴァー・オースティン(Richard Dennis Oliver Austin, 1903年12月26日 - 1989年4月1日[1]は、イギリス指揮者。父フレデリックは往年のバリトン歌手。

バーケンヘッドの生まれ。ロンドン王立音楽大学エイドリアン・ボールトマルコム・サージェントに指揮法を学び、1929年からカール・ローザ・オペラ・カンパニーの指揮者としてキャリアを始めた。1934年から1940年までボーンマス市立管弦楽団の首席指揮者を務め、1941年から1945年までイギリス北方軍 (Northern Commandの音楽顧問となった。1947年から1957年まで新時代コンサート協会の音楽監督を務め、サドラーズ・ウェルズ劇場への客演も頻繁に行った。また、イギリス各地だけでなく、北米、南米、ヨーロッパやアフリカのオーケストラにも客演を重ねた。

1946年から母校の教授を務め、1955年から同大学のオペラのディレクターも兼務した。1976年に隠遁した。リーディングにて没。

脚注編集

  1. ^ oxfordindex.oup.com