メインメニューを開く

リチャード・キール(Richard Kiel, 1939年9月13日 -2014年9月10日)は、アメリカ合衆国の俳優。身長2m18cm、体重143kgという巨漢で、世界一巨体な俳優として知られる(ただしギネスブックには登録されていない)。主な役柄は『007』シリーズの殺し屋・ジョーズ役など。

リチャード・キール
Richard Kiel
Richard Kiel
生年月日 (1939-09-13) 1939年9月13日
没年月日 (2014-09-10) 2014年9月10日(74歳没)
出生地 ミシガン州デトロイト
死没地 カリフォルニア州フレズノ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

目次

概要編集

ミシガン州デトロイト生まれ。その後ロサンゼルスに移住した。12歳で既に現在の体格に達し、バスケットボールの無敵選手として学校で活躍していた。20歳のときウィリアム・コンラッドに認められ、コンラッド製作のTVドラマ『風雲クロンダイク』でデビュー。『ライフルマン』『アイ・スパイ』『事件記者コルチャック』等に出演し、1961年に映画界に進出する。俳優稼業のかたわら、不動産業も営む。

1977年、『007 私を愛したスパイ』にジョーズ役として起用される。1979年には『007 ムーンレイカー』にも続投。同じ殺し屋がシリーズ二作に連続して登場したのは後にも先にもキールのみである。

1992年、自動車事故で頭部に負傷し、平衡感覚に影響が出たため、スクーターか車椅子を用いるようになった[1]2014年9月10日カリフォルニア州にて死去[2]。74歳没。

主な出演作編集

参照編集

外部リンク編集