フレズノ

アメリカ合衆国のカリフォルニア州フレズノ郡の郡庁所在地

フレズノ英語: Fresno [ˈfrɛznoʊ] )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州中部フレズノ郡にある都市。同郡の郡庁所在地である。

フレズノ市
City of Fresno
フレズノのスカイライン
フレズノのスカイライン
フレズノ市の市旗
市旗
愛称 : Fresno、the All America City & Raisin Capital of the World
位置
フレズノ市の位置(カリフォルニア州)の位置図
フレズノ市の位置(カリフォルニア州)
フレズノ市の位置(フレズノ郡)の位置図
フレズノ市の位置(フレズノ郡)
座標 : 北緯36度46分54秒 西経119度47分32秒 / 北緯36.78167度 西経119.79222度 / 36.78167; -119.79222
行政
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
  カリフォルニア州
  フレズノ郡
 市 フレズノ市
市長 Lee Brand
地理
面積  
  市域 271.4 km2 (104.8 mi2)
    陸上   270.3 km2 (104.4 mi2)
    水面   1.1 km2 (0.4 mi2)
標高 90 m (296 ft)
人口
人口 2007年現在)
  市域 470,508人
    人口密度   1,582.2人/km2(4,097.9人/mi2
  都市圏 899,348人
その他
等時帯 太平洋標準時 (UTC-8)
夏時間 太平洋夏時間 (UTC-7)
市外局番 559
公式ウェブサイト : www.fresno.gov

概要編集

サンフランシスコ都市圏とロサンゼルス都市圏の中間に位置する一帯の拠点都市でもある。かつて日本から移民が渡った地であり、日本語で布市(ふし)とも称した。

また、東部にはシエラネバダ山脈が控えており、ヨセミテ国立公園セコイア国立公園キングズ・キャニオン国立公園の拠点にもなっており、観光拠点都市としても発達している。

地名の由来編集

市名はスペイン語で「トネリコ」の意味である。

歴史編集

1860年頃、ゴールドラッシュの影響で白人らが入植、肥沃な農地を生かした農産物の集散地として発展した。 代表的な特産品に干しブドウがあり、綿花なども集められる。

地理編集

位置編集

フレズノは、北緯36度46分54秒、西経119度47分32秒(36.781549, -119.792113)[1]に位置している。

アメリカ合衆国統計局によると、この都市は総面積271.4km2(104.8mi2)である。このうち270.3km2(104.4 mi2)が陸地で1.1km2(0.4 mi2)が水地域である。総面積の0.42%が水地域となっている。

地形編集

山地編集

主な山脈

湖沼編集

主な湖

人口編集

人口動勢編集

2000年現在の国勢調査[2]で、この都市は人口427,652人、140,079世帯および97,915家族が暮らしている。人口密度は1,582.2/km2(4,097.7/mi2)である。551.3/km2(1,427.9/mi2)の平均的な密度に149,025軒の住居が建っている。この都市の人種的構成は白人50.17%、アフリカン・アメリカン8.36%、ネイティブ・アメリカン1.58%、アジア11.23%(多くがミャオ族)、太平洋諸島系0.14%、その他の人種23.36%および混血5.16%である。人口の39.87%がヒスパニックまたはラテン系である。

140,079世帯のうち、40.4%が18歳未満の子供と一緒に生活しており、46.1%は夫婦で生活している。17.6%は未婚の女性が世帯主であり、30.1%は結婚していない。23.3%は1人以上の独身の居住者が住んでおり、7.9%は65歳以上で独身である。1世帯の平均人数は2.99人であり、結婚している家庭の場合は3.57人である。

人口の32.9%が18歳未満で、11.8%が18歳から24歳、28.8%が25歳から44歳、17.2%が45歳から64歳、9.3%が65歳以上である。平均年齢は28歳である。女性100人に対し、96.6人が男性である。18歳以上の女性100人に対し、93.0人が18歳以上の男性である。

この都市の世帯ごとの平均的な収入は32,236米ドルであり、家族ごとの平均的な収入は35,892米ドルである。男性は32,279米ドルに対して女性は26,551米ドルの平均的な収入がある。この都市の一人当たりの収入(per capita income)は15,010米ドルである。人口の26.2%および家族の20.5%は貧困線以下である。全人口のうち18歳未満の36.5%および65歳以上の10.7%は貧困線以下の生活を送っている。

行政編集

フレズノの法執行機関は長い腐敗の歴史を持っている。 フレズノ警察署では地位に関わらず麻薬売買、レイプ(未成年を多く含む)、売春、脱税を犯す警察官が後を絶たないが、 訴訟された半数は裁判官によって不起訴となっており、裁判所との癒着も疑われている。 また内部外部の法執行機関への告発者が不審な死を遂げるケースも多い。

対外関係編集

姉妹都市・提携都市編集

姉妹都市

経済編集

 
フルトンモール

第一次産業編集

農業編集

第三次産業編集

商業編集

主な商店街
  • フルトンモール

情報・通信編集

マスメディア編集

新聞社編集

教育編集

大学編集

州立
私立

交通編集

 
アムトラック・フレズノ駅
 
フレズノ駅

空路編集

空港編集

鉄道編集

高速鉄道編集

アムトラック
カリフォルニア高速鉄道

道路編集

高速道路編集

フレズノは州間高速道路が通っていないアメリカ合衆国では最大の都市である。 しかし、将来的にカリフォルニア州道99号線に沿って州間高速道路の整備が計画されている。

州道編集

観光編集

観光スポット編集

公園編集

文化・名物編集

名産・特産編集

スポーツ編集

野球編集

出身関連著名人編集

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集