メインメニューを開く

リチャード・シュヴァイザーRichard Schweizer, 1899年12月23日 - 1965年3月30日)は、スイスの脚本家である。『Marie-Louise』(1944年)でアカデミー脚本賞、『山河遥かなり』(1948年)でアカデミー原案賞を受賞した。また『Kleine Scheidegg』では監督も務めた。

リチャード・シュヴァイザー
Richard Schweizer
生年月日 (1899-12-23) 1899年12月23日
没年月日 (1965-03-30) 1965年3月30日(65歳没)
出生地 スイスの旗 スイス チューリッヒ
死没地 スイスの旗 スイス チューリッヒ
職業 脚本家
活動期間 1931年 - 1964年
テンプレートを表示

主なフィルモグラフィ編集

受賞とノミネート編集

部門 作品名 結果
アカデミー賞 1945[1] 脚本賞 Marie-Louise 受賞
1948[2] 脚色賞 山河遥かなり ノミネート
原案賞 受賞
ゴールデングローブ賞 1948[3] 脚本賞 山河遥かなり 受賞

参考文献編集

  1. ^ THE 18TH ACADEMY AWARDS”. oscars.org. 2018年10月17日閲覧。
  2. ^ THE 21ST ACADEMY AWARDS”. oscars.org. 2018年10月17日閲覧。
  3. ^ Winners & Nominees 1949”. HFPA. 2018年10月17日閲覧。

外部リンク編集