メインメニューを開く

リチャード・バチェ

リチャード・バチェ

リチャード・バチェ(Richard Bache, 1737年9月12日 - 1811年7月29日)は、アメリカ合衆国商人政治家1776年から1782年まで第2代郵政長官を務めた。

生い立ちと家族編集

1737年9月12日、バチェはイングランドセトルにおいて、ウィリアム・バチェ (William Bache) とメアリー・ブレチンデン (Mary Blechydem) の次男として生まれた。バチェは1765年ニューヨークに渡り、長兄のセオフィラクト・バチェが営む商取引業に参加した。バチェは間もなくペンシルベニア植民地フィラデルフィアへ移り、商社の所有者となった。バチェの商社は西インド諸島との交易により大きく成長した。

1767年10月29日、バチェはフィラデルフィアにおいて、ベンジャミン・フランクリンの一人娘サラ・フランクリンと結婚した。サラは愛国心と博愛心で広く知られた。バチェはサラとの間に以下の子供をもうけた。

アメリカ独立戦争編集

バチェは1775年から1776年まで郵政長官ベンジャミン・フランクリンの下で郵便公社の会計監査官を務めた。そして1776年にフランクリンの後任として郵政長官に就任し、1782年まで同職を務めた。バチェはまた戦争委員会にも参加した。

晩年編集