リチャード・バークリー (第5代バークリー子爵)

第5代バークリー子爵リチャード・バークリー英語: Richard Bulkeley, 5th Viscount Bulkeley1707年4月8日1739年3月15日)は、イギリスの貴族、政治家。トーリー党に所属し、1730年から1738年まで庶民院議員を務めた。

生涯編集

第4代バークリー子爵リチャード・バークリー英語版とブリジット・バーティー(Bridget Bertie、1753年6月13日没、初代アビンドン伯爵ジェームズ・バーティー英語版の娘)の長男として、1707年4月8日に生まれ、18日にビューマリス英語版で洗礼を受けた[1]。1718年よりウェストミンスター・スクールで教育を受けた後[2]、1724年6月4日に父が死去すると、バークリー子爵の爵位を継承した[1]

1725年から1739年に死去するまで北ウェールズ会計係英語版Chamberlain of North Wales)を務めた[2]

1730年3月25日にビューマリス選挙区英語版庶民院議員に当選、議会でトーリー党の一員として野党側で投票した[2]

1732年1月8日にオズウェストリー英語版でジェーン・オーウェン(Jane Owen、ルイス・オーウェンの娘)と結婚したが[1]、2人の間に子供はいなかった[2]

1739年3月15日に死去、弟ジェームズが爵位を継承した[1]

出典編集

  1. ^ a b c d Cokayne, George Edward; Gibbs, Vicary, eds. (1912). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (Bass to Canning) (英語). 2 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press, Ltd. p. 412.
  2. ^ a b c d Thomas, Peter D.G. (1970). "BULKELEY, Richard, 5th Visct. Bulkeley [I] (1707-39), of Baron Hill, Anglesey.". In Sedgwick, Romney (ed.). The House of Commons 1715-1754 (英語). The History of Parliament Trust. 2019年8月5日閲覧
グレートブリテン議会英語版
先代:
ワトキン・ウィリアムズ=ウィン
庶民院議員(ビューマリス選挙区英語版選出)
1730年 – 1739年
次代:
バークリー子爵
アイルランドの爵位
先代:
リチャード・バークリー英語版
バークリー子爵
1724年 – 1739年
次代:
ジェームズ・バークリー