メインメニューを開く

リチャード・アンドレアス・ウェルナー[1] (Richard Andreas Werner、1967年1月5日 - )はドイツエコノミストサウサンプトン大学の経済学教授。

ヴェルナーは金融政策と開発エコノミストである。量的緩和や"QE2"の表現を最初に提案した学者。真の量的金融緩和は信用創造拡大が必要と指摘[2]。"信用の量理論"を提案し、GDP取引に使用する信用創造と金融取引に使われる信用創造のふたつの側面を強調した。

初期の活動編集

ヴェルナーは1989年にロンドン経済学校 (LSE)を卒業。オックスフォード大学 在学中に一年間東京大学に留学[3]。博士課程をオックスフォードで修了。

1991年に経済・統計学研究所(オックスフォード)で欧州委員会が主催するマリー-キュリー研究員に任命された[3]。当研究所で書いた彼の論文では、日本の銀行システムの脅威を警告し、"世界恐慌以降の大不況時代"が来ると訴えていた。

東京滞在中に、日本政策投資銀行の資本形成研究所で初めての下村フェローになった。また日本銀行の金融・経済研究所と財務省の金融研究所で客員研究員だった[3]

キャリア編集

ヴェルナーは1994年から1998年までジャーディン・フレミング 社の主任エコノミストとして働きながら、日本の信用サイクルと金融政策について多数の論文を書いた。一部日本語でも発刊されている。

1997年上智大学経済学部の一員になった[3]

現在はサウサンプトン大学で教えている[3]。シュンペター信用理論と同様に信用の量理論を開発した[4]

ヴェルナーが出版した「円の支配者」は2001年日本で総合ベストセラーになった[5]。この本は日本銀行の金融政策と中央銀行が行う窓口指導を分析する[6]

参考文献編集

  1. ^ 英語読みならリチャード・ワーナー、ドイツ語読みならリヒャルト・ヴェルナーだが、日本の書籍やマスメディアなどでは専ら両者の混淆したリチャード・ヴェルナーとカナ書きされるので、本項の名称もそちらに倣った。
  2. ^ Richard Werner, Keizai Kyoshitsu: Keiki kaifuku, ryoteiki kinyu kanwa kara, Nikkei, 2 September 1995.
  3. ^ a b c d e University of Southampton, Richard Werner; retrieved 2011-08-20
  4. ^ Richard A. Werner (1992), ‘Towards a quantity theory of disaggregated credit and international capital flows’, Paper presented at the Royal Economic Society Annual Conference, York, April 1993 and at the 5th Annual PACAP Conference on Pacific-Asian Capital Markets in Kuala Lumpur, June 1993
  5. ^ Yamagawa, Hiroshi.
  6. ^ "Book exposes BOJ 'rulers'," Asahi Shimbun.