リッカルド・ブロスキ

イタリアの作曲家

リッカルド・ブロスキ(Riccardo Broschi、1698年? - 1756年)は、イタリア作曲家オペラ作曲家だが現存する作品は少なく、作品そのものよりもカストラートファリネッリことカルロ・ブロスキの兄として知られる。

肖像

生涯編集

リッカルド・ブロスキはナポリで生まれた。父のサルヴァトーレは音楽家だったが1717年に没した[1]

1725年にナポリのサンタ・マリア・デル・ポポロ教会 (it:Complesso degli Incurabili#Santa Maria del Popoloの祝祭のために教会音楽を作曲した、というのが知られるかぎり最古のブロスキの作曲活動である[1][2]。同年ナポリのフィオレンティーニ劇場で彼の唯一のオペラ・ブッファである『聾の老女 (La vecchia sorda)』を上演した[1][2]

1726年から弟のカルロとともにイタリア内外を旅行して作曲を行い、弟のほかニコロ・グリマルディフランチェスカ・クッツォーニヴィットーリア・テージファウスティーナ・ボルドーニ、アンジェロ・マリア・アモレヴォーリ (Angelo Maria Amorevoliといった当時のトップ歌手が歌って成功した[1]

1734年10月に弟がロンドンハッセ『アルタセルセ』によってデビューしたとき、リッカルド・ブロスキは彼のためのアリアを作曲し、とくに第3幕のアリア「私は揺れる船のように (Son qual nave ch'agitata)」を聞いた客は呆然となったと伝えられる[1]

1736年秋にヴュルテンベルク公カール・アレクサンダーに招かれてシュトゥットガルトの宮廷作曲家に就任したが、ヴュルテンベルク公は翌年没して宮廷のイタリア・オペラ座は解散してしまった。ブロスキはナポリに戻り、今はマドリードスペインフェリペ5世に仕えている弟の力添えによって(当時ナポリ王国はフェリペ5世の子のカルロスに支配されていた)、ナポリの王室の宮廷楽長などの職を得ようと画策したが、結局うまくいかなかった[1]

ブロスキはマドリードの弟のもとへ行き、そこで1756年に没した[1]

作品編集

ウィーンオーストリア国立図書館およびウィーン楽友協会図書館がいくつかの筆写譜を所蔵しているが、それ以外の音楽は失われた[1]

  • 『聾の老女』 La vecchia sorda (1725年ナポリ。ベルナルド・サッドゥメンテの台本)
  • 『アルチーナの島』 L'isola d'Alcina (1728年ローマ。アントニオ・ファンツァリアの台本)
  • 『イダスペ』 Idaspe (1730年ヴェネツィア。ジョヴァンニ・ピエトロ・カンディの台本)
  • 『エツィオ』 Ezio (1731年トリノ。ピエトロ・メタスタージオの台本)
  • 『アリアンナとテゼオ』 Arianna e Teseo (1731年ミラノ。ピエトロ・パリアーティの台本)
  • 『メローペ』 Merope (1732年トリノ。アポストロ・ゼーノの台本)
  • 『ネローネ』 Nerone (1735年ローマ)
  • 『シリアのアドリアーノ』 Adriano in Siria (1735年ミラノ。メタスタージオの台本)

1994年の映画『カストラート』では、『イダスペ』の2つのアリア「忠実な影よ私も (Ombra fidele anch'io)」、「戦場のあの勇士 (Qual guerriero in campo armato)」、およびハッセ『アルタセルセ』のための2つのアリア「私は揺れる船のように (Son qual nave ch'agitata)」、「もし私の唇を信じないなら (Se al labbro mio non crede)」(ただし器楽)が使われている[3]

影響編集

アントニオ・ヴィヴァルディのオペラ『バヤゼット』(1735年)はパスティッチョで、その中の有名なアリア「戦場のあの勇士 (Qual guerriero in campo armato)」はもともとブロスキが弟のために書いた曲である[4]

ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデルのオペラ『アルチーナ』(1735年)の台本はブロスキが1728年にローマで上演したオペラ『アルチーナの島 (L'isola d'Alcina)』を元にしている。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h Ulisse Prota-Giurleo (1972), “BROSCHI, Riccardo”, Dizionario Biografico degli Italiani, 14, https://www.treccani.it/enciclopedia/riccardo-broschi_(Dizionario-Biografico) 
  2. ^ a b Michael F. Robinson, “Broschi [Brosca], Riccardo”, Grove Music Online, revised by Ellen T. Harris, doi:10.1093/gmo/9781561592630.article.04076 
  3. ^ Farinelli (1994) Soundtracks, IMDb, https://www.imdb.com/title/tt0109771/soundtrack 
  4. ^ Vivaldi Bajazet, Review | Gramophone, https://www.gramophone.co.uk/review/vivaldi-bajazet 

外部リンク編集