リッポーセンター英語Lippo Centre中国語繁体字):力寶中心)とは、香港中華人民共和国香港特別行政区)の香港島北部、金鐘(Admiralty)地区に位置する超高層ビルである。

リッポーセンター
HK Cotton Tree Drive Lippo Ctr fire station.JPG
リッポーセンターの位置(九龍内)
リッポーセンター
リッポーセンター
施設情報
所在地 香港の旗 中華人民共和国香港特別行政区
座標 北緯22度16分45.5秒 東経114度9分48.3秒 / 北緯22.279306度 東経114.163417度 / 22.279306; 114.163417座標: 北緯22度16分45.5秒 東経114度9分48.3秒 / 北緯22.279306度 東経114.163417度 / 22.279306; 114.163417
状態 完成
建設期間 - 1988年
用途 事務所
地上高
最頂部 -
屋上 180m
最上階 186 m
各種諸元
階数 48 階
延床面積 - m2
関連企業
設計 ポール・ルドルフ
テンプレートを表示
リッポーセンター基部

概要編集

リッポーセンターは中環(Central)に近い金鐘に位置するツインタワーの超高層ビルである。金鐘道(Queensway)を挟んで、斜め向かい側には中国銀行タワー(中銀大廈:Bank of China Tower)が、ヴィクトリア湾側にはファー・イースト・フィナンシャル・センターが建っている。この建物はアメリカ合衆国建築家ポール・ルドルフPaul Rudolph)によって設計され、タワー1(Tower One)は高さ172mの44階建て、タワー2(Tower Two)は高さ186mの48階建てである。

形状はかなり複雑な形をしており、その形はコアラユーカリの木にしがみついている様だとも言われる。ポール・ルドルフの代表作でもあるこの建築は何回か持ち主が替わっており、当初はオーストラリア人のアラン・ボンド(Aran Bond)が創設したボンドグループ(Bond Group)により建設され、奔達中心(Bond Centre)と名付けられた。

1989年には資金貸付元だった日本長期信用銀行(現:新生銀行)が経営破綻した原因のひとつとなる、日本リゾート開発会社であったイ・アイ・イ・インターナショナルがこのビルの所有権を獲得した。

ところが日本経済のバブル崩壊によりイ・アイ・イ社が倒産、それに伴ってインドネシア華僑財閥であるリッポーグループ(力寶集團:Lippo Group)により買収され、今の名称に至っている。

このビルには、日本の福井県香港事務所が入居している。

周辺のバンク・オブ・アメリカタワー(美國銀行中心:Bank of America Tower)や遠東金融中心、高等裁判所(高等法院:High Court)とはペデストリアンデッキで繋がっている。

周辺施設編集

交通編集

  • MTR金鐘駅より徒歩約5分程度
  • その他バス(巴士)、ミニバス(小巴)、路面電車(電車)など利用

画像編集

関連項目編集

外部リンク編集