メインメニューを開く

リトル・ヴォイス』(Little Voice)は、1998年制作のイギリス映画。1992年にロンドンロイヤル・ナショナル・シアターサム・メンデスの演出により初演されたミュージカル『The Rise and Fall of Little Voice』を映画化した作品[1]

リトル・ヴォイス
Little Voice
監督 マーク・ハーマン
脚本 マーク・ハーマン
ジム・カートライト
製作 エリザベス・カールセン
音楽 ジョン・アルトマン
撮影 アンディ・コリンズ
編集 マイケル・エリス
配給 アスミック・エース
公開 イギリスの旗 1999年1月8日
日本の旗 1999年9月11日
上映時間 96分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
興行収入 £8,050,000 イギリスの旗
テンプレートを表示

キャスト編集

ストーリー編集

イギリスノース・ヨークシャー州スカーバラ、シャイなローラは、優しかった父親の亡き後、ほとんど口を利かなくなり、毎日部屋にこもって父親が残したレコードを聴いて過ごしていた。口うるさい母親のマリーはそんなローラをLV(リトル・ヴォイス)と呼び、彼女を苦々しく思っていた。ある日、マリーの新しいボーイフレンドのレイ・セイが二人の家を訪れる。レイはプロモーターで、LVがジュディ・ガーランドシャーリー・バッシーなどをそっくりに歌えることに気づき、なんとか舞台に上げて一儲けしようと計画する。

脚注編集

外部リンク編集