メインメニューを開く

リンダパブリッシャーズ

日本の出版社

株式会社リンダパブリッシャーズは、かつて存在した日本の出版社。

株式会社リンダパブリッシャーズ
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
108-0075
東京都港区港南2-16-8
ストーリア品川1706号
設立 2006年5月25日
業種 出版業
法人番号 3010401085561
代表者 破産管財人 大迫惠美子[1]
資本金 850万円[1]
従業員数 12名(2016年9月1日現在)
テンプレートを表示

目次

概要編集

2006年5月に設立。映画テレビドラマの原作となる小説やノンフィクションを出版し、初出版作である『おっぱいバレー』は代表作となり、2009年に映画化された。その後も『恋する日曜日 私。恋した』等の代表作を出版し、2009年3月期には21億円の売上があった[1]

2008年3月に、カルチュア・コンビニエンス・クラブのグループ企業であるトップ・パートナーズと資本・業務提携を締結、同年12月にトップ・パートナーズが全株式を取得して子会社化、2014年5月にトップ・パートナーズが全株式を取得して再子会社化[2]、カルチュア・コンビニエンス・クラブとニッポン放送の3社で共催した「日本エンタメ小説大賞」等を開催するなどしていたが、2015年にトップ・パートナーズとの資本関係を解消[1][3]

その後はヒット作にも恵まれず、2016年ライトノベルレーベルである「レッドライジングブックス」を立ち上げ、「WEB投稿小説大賞」を開催したが[4]、2017年に新刊の発行を中止することを発表してから経営危機が表面化[3]2018年9月5日に東京地方裁判所から破産手続開始決定を受けた[1]。そして2019年2月1日に法人格が消滅した。

主な作品編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集