リンパ球増多症[1](リンパきゅうぞうたしょう、Lymphocytosis)は、血液中のリンパ球の数または割合が増加する事象である。絶対的リンパ球増多症は、リンパ球数が正常範囲を超えて増加している状態であり、相対的リンパ球増多症は、白血球数に対するリンパ球の割合が正常範囲を超えている状態を指す。成人ではリンパ球数が5000/μL(5.0×109/L)以上、小児では7000/μL以上、乳児では9000/μL以上の場合、絶対的リンパ球増多症となる[2]。リンパ球は通常、循環白血球の20から40%を占めている。リンパ球の割合が40%を超えると、相対的リンパ球増多症と認識される。

リンパ球増多症
リンパ球増多を呈する末梢血塗抹標本(40x)
概要
分類および外部参照情報

成因 編集

リンパ球増多症は、感染症の特徴であり、特に小児で顕著である。高齢者では、慢性リンパ性白血病リンパ腫などのリンパ増殖性疾患が、しばしばリンパ節腫脹英語版とリンパ球増多を呈する。

絶対的リンパ球増多の原因には以下のものがある。

相対的リンパ球増多の原因には以下のものがある。

診断 編集

リンパ球増多症は通常、全血球算定英語版により発見される。それ以外では、リンパ球数は総白血球(WBC)数に鑑別数に含まれるリンパ球の割合を乗じて算出する事が出来る[14]。また、リンパ球数はフローサイトメトリーで直接測定する事も出来る。

関連項目 編集

出典 編集

  1. ^ リンパ球増多症 - 13. 血液の病気”. MSDマニュアル家庭版. 2021年10月9日閲覧。
  2. ^ Miale, John B. Laboratory Medicine: hematology. 5th. St. Louis: C.V. Mosby, 1977.
  3. ^ a b c d e f Table 12-6 in: Mitchell, Richard Sheppard; Kumar, Vinay; Abbas, Abul K.; Fausto, Nelson (2007). Robbins Basic Pathology. Philadelphia: Saunders. ISBN 978-1-4160-2973-1  8th edition.
  4. ^ Chronic Lymphocytic Leukemia”. The Lecturio Medical Concept Library. 2021年8月7日閲覧。
  5. ^ Acute Lymphoblastic Leukemia”. The Lecturio Medical Concept Library. 2021年8月7日閲覧。
  6. ^ General Information About Adult Hodgkin Lymphoma”. National Cancer Institute (2014年4月23日). 2014年7月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月20日閲覧。
  7. ^ General Information About Adult Non-Hodgkin Lymphoma”. National Cancer Institute (2014年4月25日). 2014年7月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月20日閲覧。
  8. ^ Juneja, S; Januszewicz, E; Wolf, M; Cooper, I (1995). “Post-splenectomy lymphocytosis”. Clinical and Laboratory Haematology 17 (4): 335–7. PMID 8697729. 
  9. ^ Arjunaraja, S; Angelus, P; Su, HC; Snow, AL (2018). “Impaired Control of Epstein-Barr Virus Infection in B-Cell Expansion with NF-κB and T-Cell Anergy Disease.”. Frontiers in Immunology 9: 198. doi:10.3389/fimmu.2018.00198. PMC 5809398. PMID 29472930. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5809398/. 
  10. ^ William C. Shiel Jr.,Connective Tissue Disease
  11. ^ Thyrotoxicosis and Hyperthyroidism”. The Lecturio Medical Concept Library. 2021年8月7日閲覧。
  12. ^ Adrenal Insufficiency and Addison's Disease”. The Lecturio Medical Concept Library. 2021年8月7日閲覧。
  13. ^ Splenomegaly”. The Lecturio Medical Concept Library. 2021年8月7日閲覧。
  14. ^ 例えば、総白血球数が30,000で、%リンパ球が30の場合、絶対的なリンパ球数はマイクロリットルあたり9,000となる。

外部リンク 編集

リンパ球増多症 - 13. 血液の病気 - MSDマニュアル家庭版

分類
外部リソース(外部リンクは英語)