リンブルクの戦い (1792年)

リンブルクの戦い(リンブルクのたたかい、英語: Battle of Limburg)はフランス革命戦争中の1792年11月9日リンブルク・アン・デア・ラーンにて生起した、フランス第一共和政プロイセン王国の間の戦闘。フランスが勝利した。

リンブルクの戦い
戦争フランス革命戦争
年月日1792年11月9日
場所ナッサウ=ヴァイルブルク公国ドイツ語版リンブルク・アン・デア・ラーン
結果:フランスの勝利
交戦勢力
フランスの旗 フランス第一共和政 プロイセン王国 プロイセン王国
指導者・指揮官
フランスの旗 ジャン・ニコラ・フシャール英語版 プロイセン王国 ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル公カール・ヴィルヘルム・フェルディナント
フランス革命戦争

背景編集

オーストリア軍がオーストリア領ネーデルラントの喪失を恐れている中、プロイセン軍はフランスから安全に脱出してアダム・フィリップ・ド・キュスティーヌプファルツ選帝侯領侵攻を阻止しようとした。ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル公カール・ヴィルヘルム・フェルディナントコブレンツの守備に1個師団を配置した後、残りの軍勢をリンブルクに配置してフランス軍の進軍を止めようとした。

経過編集

11月8日、ド・キュスティーヌはジャン・ニコラ・フシャール英語版に派遣軍を全て集結させて、ユーゲ・アレクサンドル・ジョセフ・メーニェ英語版の軍勢を援護にリンブルクのプロイセン軍を攻撃するよう命じた。プロイセン軍はまさかフランス軍がリンブルクを攻撃するとは思わず不意を突かれたため、リンブルクの守備は貧弱だった。フランス軍はプロイセン軍が守備を整える前に静かに大砲を配備した。プロイセン軍のフザールは長くためらった後ソーティを派遣してフランス軍にいくらかの混乱をきたしたが、ソーティ部隊はすぐにに砲兵に撃退されてリンブルク城内に追い返された。その後はプロイセン軍が追い払われてモンタバウアーに撤退、フランス軍はリンブルクの防御工事を進めた。

参考文献編集

  • Victoires, conquêtes, désastres, revers et guerres civiles des Français Tome 7.(フランス語)
  • Mémoires de Custine.(フランス語)