リン酸トリエチル(Triethyl phosphate)は、(C2H5)3PO4の化学式を持つ有機化合物である。無色の液体である。リン酸エタノールエステルである。消防法に定める第4類危険物 第3石油類に該当する[2]

リン酸トリエチル[1]
略称 TEP, Et3PO4
識別情報
CAS登録番号 78-40-0 チェック
PubChem 6535
ChemSpider 6287 チェック
DrugBank DB03347
ChEBI
特性
化学式 C6H15O4P
モル質量 182.15 g/mol
密度 1.072 g/cm3
融点

-56.5 °C, 217 K, -70 °F

沸点

215 °C, 488 K, 419 °F

への溶解度 混和性
危険性
NFPA 704
1
2
0
引火点 107 °C (225 °F; 380 K)
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

主な用途は、無水酢酸の工業合成における触媒樹脂ポリマーの重合調整剤、非飽和ポリエステル等の可塑剤等である。小規模では、アセチルセルロース等の溶媒難燃剤殺虫剤その他の化合物の合成中間体、過酸化物の安定剤、ビニルポリマーや非飽和ポリエステル等のゴムやプラスチックの強化剤等である[3]

リン酸トリエチルは、農薬の合成の中間体としても用いられる。

歴史 編集

19世紀初めにハインリヒ・グスタフ・マグヌス研究室のスイス人化学者フランツ・アントン・ボエヘリが初めて合成した。その後、フランスの化学者ジャン・ルイ・ラセーニュによって研究された。

出典 編集

  1. ^ Zhangjiagang Shunchang Chemical Co., Ltd”. Triethylphosphate. 2009年6月13日閲覧。
  2. ^ 法規情報 (東京化成工業株式会社)
  3. ^ Triethylphosphate, International Programme on Chemical Safety