メインメニューを開く

ルイジ・ディ・ボルボーネ=パルマ

ルイジ・ディ・ボルボーネ=パルマLuigi di Borbone-Parma, 1899年12月5日 シュヴァルツァウ - 1967年12月4日 マンドリュー=ラ=ナプール)は、ブルボン=パルマ家の公子で、オーストリア皇后ツィタの弟。全名はルイジ・カルロ・マリーア・レオポルド・ローベルトLuigi Carlo Maria Leopoldo Roberto)。フランス語名はルイ・ド・ブルボン=パルム(Louis de Bourbon-Parme)。

最後のパルマ公ロベルト1世と、その2番目の妻でポルトガルの廃王ミゲル1世の娘であるマリア・アントニアの間の第10子、五男として生まれた。父にとっては第22子、10番目の息子である。1939年1月23日にローマにおいて、イタリアヴィットーリオ・エマヌエーレ3世の娘マリーア・フランチェスカと結婚した[1]

子女編集

妻との間には間に4人の子女をもうけた。子供たちは全てカンヌで誕生している(名前はフランス語表記で示す)。

  • ギー・シクスト・ルイ・ロベール・ヴィクトル(1940年 - 1991年)
  • レミ・フランソワ・グザヴィエ・ルイ・ロベール・ヴィクトル(1942年 - )
  • シャンタル・マリー・エレーヌ・シャルロット(1946年 - )
  • ジャン・ベルナール・レミ(1961年 - )

脚注編集