ルイ1世 (ヌヴェール伯)

ルイ1世(フランス語:Louis I, 1272年 - 1322年7月22日)は、ヌヴェール伯(在位:1280年 - 1322年)、また妻の権利によりルテル伯(在位:1290年 - 1322年)。

ルイ1世
Louis I
ヌヴェール伯
Louis I, Count of Nevers.jpg
ルイ1世(右)
在位 1280年 - 1322年

出生 1272年
死去 1322年7月22日
Flag of France (XII-XIII).svg フランス王国パリ
配偶者 ルテル女伯ジャンヌ
子女 ジャンヌ
ルイ1世
家名 ダンピエール家
父親 フランドル伯ロベール3世
母親 ヌヴェール女伯ヨランド2世
テンプレートを表示

生涯編集

ルイ1世はフランドル伯ロベール3世[1]とヌヴェール女伯ヨランド2世[2]の間の息子である。両親よりヌヴェール伯位を継承した。1290年12月、ルイはルテル女伯ジャンヌ(ルテル伯ユーグ4世の娘)と結婚し[3]、ルテル伯領の共同統治者となった。2人の間には2子がいる。

ルイはフランドル伯位を継承することなく、1322年パリで父に先立って死去した。

脚注編集

  1. ^ William H. TeBrake, A Plague of Insurrection: Popular Politics and Peasant Revolt in Flanders, 1323-1328 (University of Pennsylvania Press, 1993), 36.
  2. ^ The Low Countries and the Disputed Imperial Election of 1314, Henry S. Lucas, Speculum, Vol. 21, No. 1 (Jan., 1946), 80.
  3. ^ a b David M Nicholas, Medieval Flanders, (Taylor & Francis, 1992), 442.
先代:
ロベール3世
ヌヴェール伯
1280年 - 1322年
次代:
ルイ2世
先代:
ジャンヌ
ルテル伯
1290年 - 1322年
(ジャンヌと共治)
次代:
ジャンヌ