ルカイ族(ルカイぞく、Rukai、中国語:魯凱族)は台湾原住民の一つ。台東県屏東県高雄市に約12000人が分布している。パイワン族と類似した貴族制度を有し、会所制度を有す父系社会である。独自の言語のルカイ語を有す。昔はツァリセン族(Tsarisen、澤利先族)とも呼ばれた。「ツァリセン」とは「山の坂に住む人」を意味する呼称である。

ルカイ族
Rukai chief.jpg
日本統治時代に撮影された、ルカイ族の頭目
総人口
約11,911人[1]
居住地域
台湾高雄市屏東県台東県台北市他)
言語
ルカイ語台湾語北京語日本語
宗教
キリスト教アニミズムシャーマニズム
関連する民族
パイワン族

著名人編集

  • 伍麗華(ルカイ語名前:Saidai Tarovecahe)-元小学校の校長先生、元台湾屏東県庁原住民部部長(屏東縣政府原民處處長)、現役民主進歩党所属立法院(国会)議員。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 行政院原住民族委員會來源[リンク切れ](引用於2010年2月

外部リンク編集