ルキウス・コルネリウス・レントゥルス (紀元前130年の執政官)

ルキウス・コルネリウス・レントゥルスラテン語: Lucius Cornelius Lentulus、-紀元前130年)は、紀元前2世紀中期・後期の共和政ローマの政治家。紀元前130年執政官(コンスル)を務めた。

Rmn-social-header-1-.svg
ルキウス・コルネリウス・レントゥルス
L. Cornelius — f. — n. Lentulus
出生 不明
死没 紀元前130年
出身階級 パトリキ
氏族 コルネリウス氏族
官職 法務官紀元前136年?)
執政官紀元前130年
指揮した戦争 第一次奴隷戦争?
テンプレートを表示

出自編集

レントゥルスはエトルリアに起源を持つパトリキ(貴族)であるコルネリウス氏族の出身であるが、コルネリウス氏族はローマでの最も強力で多くの枝族を持つ氏族でもあった[1][2]。レントゥルスのコグノーメン(第三名、家族名)が最初に確認できる人物は、紀元前327年の執政官ルキウス・コルネリウス・レントゥルスであるが、コルネリウス氏族の他の枝族との関係は不明である[3]

カピトリヌスのファスティに破損があるため[4]、レントゥルスと祖父のプラエノーメン(第一名、個人名)は不明であり、他のレントゥルス家の人物との関係も不明である。

経歴編集

執政官就任年とウィッリウス法の規定から逆算して、レントゥルスは遅くとも紀元前134年プラエトル(法務官)に就任したはずである。紀元前136年に法務官としてシキリア属州の総督を務め、第一次奴隷戦争で敗北したコルネリウス・レントゥルス[5]と同一人物の可能性がある。紀元前130年には執政官に就任する[6]。同僚はプレブス(平民)のマルクス・ペルペルナであった。ペルペルナはペルガモン王国の王位詐称者、アリストニコスとの戦いのために、小アジアへ遠征した。レントゥルスはローマに留まったが、執政官任期の満了前に死去した。補充執政官にアッピウス・クラウディウス・プルケル(またはネロ)が就任した。

脚注編集

  1. ^ Haywood R., 1933, p. 22.
  2. ^ Bobrovnikova T., 2009, p. 346-347.
  3. ^ Münzer F. "Cornelii Lentuli", 1900 , s.1356.
  4. ^ カピトリヌスのファスティ
  5. ^ フロルス『700年全戦役略記』、2,7,7.
  6. ^ Broughton, 1951, p. 578.

参考資料編集

古代の資料編集

  • カピトリヌスのファスティ
  • フロルス『700年全戦役略記』

研究書編集

  • Bobrovnikova T. "Scipio African" - M .: Young Guard, 2009. - 384 p. - ISBN 978-5-235-03238-5 .
  • Broughton R. Magistrates of the Roman Republic. - New York, 1951. - Vol. I. - P. 578.
  • Haywood R. "Studies on Scipio Africanus" - Baltimore, 1933.
  • Münzer F. Cornelii Lentuli // RE. - 1900. - Bd. VII. - Kol. 1355-1360.

関連項目編集

公職
先代:
ルキウス・ウァレリウス・フラックス
プブリウス・リキニウス・クラッスス・ディウェス・ムキアヌス
執政官
同僚:マルクス・ペルペルナ
紀元前130年
次代:
ガイウス・センプロニウス・トゥディタヌス
マニウス・アクィッリウス