コルネリウス氏族

コルネリウス氏族 (ラテン語: gens Cornelia) は、古代ローマ氏族の一つ。パトリキ系の氏族で、共和政期ローマにおいて多くの有力者を輩出した。女性形はコルネリアでコルネリウス氏族の娘はこの名で呼ばれた。

概要編集

コルネリウス氏族は有力な氏族であり多くの枝族を持っていた。共和政樹立直後の紀元前5世紀から家族こそ入れ替わるものの連綿と続いており、特に共和政中期から末期にかけてはスキピオキンナ、傍系に過ぎなかったスッラといういずれもコルネリウスの氏族名を持つ家族がローマの政治の中心を担っていた。

コルネリウス氏族は他の氏族同様解放奴隷クリエンテスにも自らの氏族名を与えており、帝政期の歴史家コルネリウス・タキトゥスもこうした傍流に属したと考えられる。

一門編集

マルギネンシス家編集

コッスス家編集

スキピオ家編集

ルフィヌス家編集

レントゥルス家編集

紀元前303年の執政官の子孫に関してはW. Drumannに基づく

アルウィナ家編集

ドラベッラ家編集

メレンダ家編集

ブラシオ家編集

スッラ家編集

マンムラ家編集

  • アウルス・コルネリウス・マンムラ, 紀元前217年のプラエトル。サルディニア担当
  • アウルス・コルネリウス・マンムラ, 紀元前191年のプラエトル
  • プブリウス・コルネリウス・マンムラ, 紀元前180年のプラエトル。シキリア担当
  • マルクス・コルネリウス・マンムラ, 紀元前173年のレガトゥス

ケテグス家編集

メルラ家編集

シセンナ家編集

  • プブリウス・コルネリウス・シセンナ, 紀元前183年の首都プラエトル
  • ガイウス・コルネリウス・シセンナ, 紀元前119年のプラエトル。マケドニア担当

キンナ家編集

その他編集

  • アウルス・コルネリウス, 紀元前459年のクァエストル
  • プブリウス・コルネリウス, 紀元前389年の執政武官
  • ルキウス・コルネリウス, 紀元前387年の執政武官
  • プブリウス・コルネリウス, 紀元前234年のプラエトル
  • グナエウス・コルネリウス, 紀元前174年のフラメン・ディアリス

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m Fasti.
  2. ^ a b Broughton Vol.1, p.214.
  3. ^ Broughton Vol.1, p.268.
  4. ^ Broughton Vol.1, p.271.
  5. ^ Broughton Vol.1, p.371.
  6. ^ Broughton Vol.1, p.402.

参考文献編集