ルスタム・ラスローヴィチ・イノヤトフラテン文字:Rustam Rasulovich Inoyatov、ロシア語: Рустам Расулович Иноятов1944年6月22日 -)は、ウズベキスタン政治家軍人

ルスタム・ラスローヴィチ・イノヤトフ
Рустам Расулович Иноятов
生年月日 (1944-06-22) 1944年6月22日(75歳)
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Flag of the Uzbek Soviet Socialist Republic (1952–1991).svg ウズベク・ソビエト社会主義共和国 スルハンダリヤ州シェラバード
前職 KGB職員
称号 一等ション・シャラフ勲章

在任期間 1995年6月27日 - 2018年1月31日
大統領 イスラム・カリモフ
シャヴカト・ミルズィヤエフ
テンプレートを表示

経歴編集

1944年にウズベク・ソビエト社会主義共和国KGB大佐ラスロー・イノヤトフの息子としてスルハンダリヤ州シェラバードに生まれる。1963年に大学の東洋学部に入学し英語とペルシャ語を学び、1965年から1967年にかけてタシュケント建設トラストのコンクリート工として働き、1968年にイラン哲学部を卒業した。卒業後はソ連軍に入隊し、在隊時にKGBに入り、ウズベク・ソビエト社会主義共和国KGB、ソ連国家保安委員会第1総局で活動する。1976年から1981年にかけて、外交官という肩書きで在アフガニスタン支局員に就く。

1995年6月27日、ウズベキスタン国家保安庁長官に任命され、彼の下で国家保安庁は予算と権限を拡大した。2005年には税関とウズベキスタン国境警備隊英語版の指揮権を与えられた。この人事は、内務大臣ザキルジョン・アルマトフを牽制するために大統領イスラム・カリモフが意図したものであった。

ウズベキスタン政財界の三大派閥の一つであるタシュケント閥英語版の有力者であり、サマルカンド閥シャヴカト・ミルズィヤエフと並びカリモフの有力な後継候補と見られていた[1][2][3]

欧州連合のブラックリストに記載されたウズベキスタン政府要人の一人[4]ラジオ・フリー・ヨーロッパによると、1999年に発生したタシュケント爆弾テロ事件英語版はイノヤトフの指示によるものだと指摘されている[5]。娘は、内務次官B.パルピエフの息子と結婚している。

出典編集

  1. ^ Dubnov, Arkady (2016年9月2日). “Персонально ваш” (Russian). Echo of Moscow. 2016年9月4日閲覧。
  2. ^ Who Could Replace Uzbekistan’s Ailing President? Radio Free Europe
  3. ^ MacFarquhar, Neil (2016年8月29日). “With Uzbekistan’s Ruler Gravely Ill, Questions Arise on Succession”. New York Times. http://www.nytimes.com/2016/08/30/world/asia/uzbekistan-president-islam-karimov.html?_r=0 2016年9月3日閲覧。 
  4. ^ SNB vs MVD of Uzbekistan
  5. ^ [1] Radio Free Europe feature on bombings