ルナ』(La Luna)は1979年イタリアアメリカ合作映画。

ルナ
La Luna
監督 ベルナルド・ベルトルッチ
脚本 ベルナルド・ベルトルッチ
ジュゼッペ・ベルトルッチ
クレア・ペプロー
ジョージ・マルコ(英訳)
原案 フランコ・アルカッリ
ベルナルド・ベルトルッチ
ジュゼッペ・ベルトルッチ
製作 ジョヴァンニ・ベルトルッチ
出演者 ジル・クレイバーグ
マシュー・バリー
音楽 エンニオ・モリコーネ
撮影 ヴィットリオ・ストラーロ
編集 ガブリエラ・クリスティアーニ
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1979年9月30日
日本の旗 1980年4月12日
上映時間 142分
製作国 イタリアの旗 イタリア
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 イタリア語
英語
テンプレートを表示

解説編集

父と死別した少年とその母の旅路を通して、親子の交流を描くヒューマンドラマ。

ストーリー編集

突然の事故で夫を失った世界的オペラ歌手カテリーナは、思春期を迎えた息子ジョーを伴ってニューヨークから公演先のイタリアへ移り住む。仕事などが忙しく、息子の誕生日を忘れていた母親に背を向けたジョーは、麻薬に手を染める。禁断症状に苦しむジョーを前になすすべのないカテリーナは、息子を胸に抱き、その股間へと手を伸ばす……。カテリーナはジョーを連れて車でドライブに出かけるが、途中でケンカして置きざりにされてしまう。再会したジョーにカテリーナは実の父親の存在を話し、会わすことにする。ジョーはその男の職場を訪れた後、帰宅する彼の後を尾行していく。男は、自分の母親と共に海辺の家に暮らしていた。ジョーは自分の名を名乗らずに「あんたの息子は麻薬中毒で死んだ」と伝える。祖母はジョーを孫ではないかと気づく.....。

キャスト編集

スタッフ編集

  • 監督:ベルナルド・ベルトルッチ
  • 製作:ジョヴァンニ・ベルトルッチ
  • 原案:フランコ・アルカッリ、ベルナルド・ベルトルッチ、ジュゼッペ・ベルトルッチ
  • 脚色:ジュゼッペ・ベルトルッチ、クレア・ペプロー、ベルナルド・ベルトルッチ
  • 英訳:ジョージ・マルコ
  • 音楽:エンニオ・モリコーネ
  • 撮影:ヴィットリオ・ストラーロ
  • 編集:ガブリエラ・クリスティアーニ
  • 衣装:リーナ・ネルリ・タヴィアーニ
  • 提供:フィクション・シネマトグラフィカS.P.A、20世紀フォックス

反応編集

評論家ロジャー・イーバートは、ベルトルッチについて「ソープオペラとフロイト的症例(この二者はその性質上伝統的に対立する敵同士なのだが)を手に取り、力づくで交尾せしめた」として星2つをつけた[1]

アンジェラ・カーターは、ジル・クレイバーグのパフォーマンスについて、ロンドン・レビュー・オブ・ブックス「ジル・クレイバーグは、声帯によって偉大なヨーロッパの監督と共演する機会を掴み、生の生命力といった感のある印象的なパフォーマンスを見せた」と評した[2]

ロシアの映画監督アンドレイ・タルコフスキーは、1979年9月7日付けの日記に「ベルトルッチの『ルナ』を見た。醜悪で、安っぽく、下品なゴミだ」と記した[3]

本作品は、1980年にエクアドルで当時警察庁長官だったアブダラ・ブカラム英語版によって上映禁止措置がとられている[4]

脚注編集

  1. ^ Luna 1979”. Roger Ebert reviews. 2014年9月28日閲覧。
  2. ^ Angela Carter responds to Bertoucci's La Luna'”. London Review of Books. 2014年9月28日閲覧。
  3. ^ Tarkovsky, Andrei (1991). Time Within Time: The Diaries 1970–1986. Seagull Books. pp. 205. ISBN 81-7046-083-2 
  4. ^ El auge y caída del ‘porno chic’ en Guayaquil” (スペイン語). El Comercio. 2018年11月15日閲覧。

外部リンク編集