メインメニューを開く

ル・ディヴォース/パリに恋して

ル・ディヴォース/パリに恋して』(Le Divorce)は2003年制作のアメリカフランス合作のロマンティック・コメディ。

ル・ディヴォース/パリに恋して
Le Divorce
監督 ジェームズ・アイヴォリー
脚本 ルース・プラワー・ジャブヴァーラ
ジェームズ・アイヴォリー
原作 ダイアン・ジョンソン
製作 イスマイル・マーチャント
マイケル・シファー
製作総指揮 テッド・フィールド
エリカ・ハギンズ
スコット・クルーフ
出演者 ケイト・ハドソン
ナオミ・ワッツ
音楽 リチャード・ロビンズ
撮影 ピエール・ロム
編集 ジョン・デイヴィッド・アレン
配給 アメリカ合衆国の旗 フォックス・サーチライト・ピクチャーズ
日本の旗 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2003年8月29日
日本の旗 2004年5月22日
上映時間 117分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フランスの旗 フランス
言語 英語
フランス語
興行収入 $12,991,996[1]
テンプレートを表示

ストーリー編集

フランス人と結婚した姉ロクサーヌに会うため、パリへと降り立ったイザベル。ロクサーヌは小さな娘がいて、さらに妊娠中。だが夫のシャルルは浮気しているというのだ。イザベルは彼女を慰める一方で、パリで優雅に過ごし、シャルルの叔父と愛人になってしまう。だがそんな時、イザベルはシャルルとの関係に悩んでいたロクサーヌが腕を切り虫の息になっているのを発見する。

キャスト編集

参考文献編集

  1. ^ Le Divorce”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2013年6月17日閲覧。

外部リンク編集