ルートヴィヒ・フォン・ベルタランフィ

ルートヴィヒ・フォン・ベルタランフィ(Ludwig von Bertalanffy, 1901年9月19日 - 1972年6月12日)はウィーン生まれの生物学者。

フォン・ベルタランフィは、1934年からウィーン大学、1948年からロンドン大学、1949年からモントリオール大学、1950年からオタワ大学、1955年から南カリフォルニア大学、1961年からアルバータ大学、1969からニューヨーク州立大学バッファロー校の教授を歴任した。

フォン・ベルタランフィは、生命現象に対する機械論を排して「一般システム理論」を提唱した。Bertalanffyの成長曲線にその名前を残している。

関連項目編集

外部リンク編集