ルートヴィヒ・フリードリヒ (ヴュルテンベルク=メンペルガルト公)

ルートヴィヒ・フリードリヒ(Herzog Ludwig Friedrich von Württemberg-Mömpelgard, 1586年1月29日 - 1631年1月26日)は、ヴュルテンベルク=メンペルガルト公(在位:1617年 - 1631年)。ヴュルテンベルク公爵家の分枝である新メンペルガルト(モンベリアル)家(Jüngere Linie Württemberg-Mömpelgard)の始祖。

ルートヴィヒ・フリードリヒ
Ludwig Friedrich
ヴュルテンベルク=メンペルガルト
1586 Ludwig Friedrich.jpg
在位 1617年 - 1631年

出生 (1586-01-29) 1586年1月29日
モンベリアル
死去 (1631-01-26) 1631年1月26日(44歳没)
モンベリアル
配偶者 エリーザベト・マグダレーナ・フォン・ヘッセン=ダルムシュタット
  アンナ・エレオノーレ・フォン・ナッサウ=グライブルク
子女 クリストフ
ヘンリエッテ・ルイーゼ
レオポルト・フリードリヒ
ゲオルク
ハインリヒ
ゲオルギーア・ルイーゼ
家名 ヴュルテンベルク=メンペルガルト家
父親 ヴュルテンベルクフリードリヒ1世
母親 ジビュラ・フォン・アンハルト
テンプレートを表示

生涯編集

ヴュルテンベルクフリードリヒ1世とその妻でアンハルト侯ヨアヒム・エルンストの娘であるジビュラの間の第5子、三男として、モンベリアル城(Château de Montbéliard)で生まれた。1617年5月28日、ルートヴィヒは他の弟たちとともに、長兄ヨハン・フリードリヒとの間に相続協定を結んだ。ルートヴィヒはヴュルテンベルク家領のうちモンベリアル伯領リクヴィールなどライン川左岸にある地域全てを譲られ、独立した領邦君主としての地位も保障されて、新たな分家である新メンペルガルト家を起こした。

ルートヴィヒの領邦経営は三十年戦争によって困難な状況におかれ、モンベリアルは飢饉とペストの流行に苦しめられた。1628年に長兄ヨハン・フリードリヒが死去すると、後継者でまだ14歳だった甥のエーバーハルト3世の摂政および後見人に指名され、シュトゥットガルト宮廷に呼び戻された。ルートヴィヒによるヴュルテンベルク統治は、翌1629年に神聖ローマ皇帝フェルディナント2世が出した復旧勅令Restitutionsedikt)によって最初から危機にさらされ、勅令に基づく皇帝軍の占領によって公国は領土のほぼ3分の1を失った。1630年11月に重病に罹ってモンベリアルに帰り、年明けに死去した。

子女編集

1617年7月14日にヘッセン=ダルムシュタット方伯ルートヴィヒ5世の娘エリーザベト・マグダレーナ(1600年 - 1624年)と最初の結婚をし、2男1女をもうけたが、1624年に死別した。

  • クリストフ(1620年 - 1621年)
  • ヘンリエッテ・ルイーゼ(1623年 - 1650年) - 1642年、ブランデンブルク=アンスバッハ辺境伯アルブレヒトと結婚
  • レオポルト・フリードリヒ(1624年 - 1662年) - ヴュルテンベルク=メンペルガルト公

1625年5月15日にナッサウ=グライブルク伯ヨハン・カジミールの娘で先妻の従妹にあたるアンナ・エレオノーレ(1602年 - 1685年)と再婚し、間に2男1女をもうけた。

  • ゲオルク(1626年 - 1699年) - ヴュルテンベルク=メンペルガルト公
  • ハインリヒ(1627年 - 1628年)
  • ゲオルギーア・ルイーゼ(1630年)

参考文献編集

  • Sönke Lorenz, Dieter Mertens, Volker Press (Hrsg.): Das Haus Württemberg. Ein biographisches Lexikon. Kohlhammer, Stuttgart 1997, ISBN 3-17-013605-4, S. 178–180.
先代:
ヴュルテンベルク=メンペルガルト
1617年 - 1631年
次代:
レオポルト・フリードリヒ