レイジング・スタッフ

レイジング・スタッフは、かつて新日本プロレスで活動していたヒールユニット。旧ユニット名はブロンド・アウトローズ

略歴編集

1989年秋、後藤達俊が髪を金髪にし、ヒールに転身。ヒロ斎藤保永昇男と結託してブロンド・アウトローズを名乗る(名付け親は坂口征二であるとヒロが述懐している[1])。翌1990年初頭にスーパー・ストロング・マシンが合流し、4人のチームとなる。同年12月には、マシンと斎藤が馳浩佐々木健介組を破り、第14代IWGPタッグ王座を奪取。

1992年頃、チーム名をレイジング・スタッフに改める。マシン以外のメンバーもマスクを被り(改称当初のみ。紫=マシン、赤=斎藤、緑=後藤、オレンジ=保永)、タイツにはイニシャルの「RS」を織り込んだロゴマークがあしらわれていた。

しかし1993年秋頃、マシンと後藤が方向性の違いから分裂した。マシンはWARに参戦、後藤も平成維震軍に加入する。残ったヒロ・保永もしばらくはレイジング・スタッフとして活動していたが、自然消滅となった。

メンバー編集

サポートメンバー編集

参考資料編集

闘魂スペシャル VOL.74

脚注編集

[脚注の使い方]