レインボーピンク」は2006年2月15日発売のモーニング娘。7thアルバム『レインボー7』の6曲目に収録されている曲。転じて、この曲を歌っている道重さゆみ久住小春の二人組を指すこともある。正式なこの2人のクレジットは重ピンク、こはっピンクである。

楽曲編集

作詞と作曲は勿論、つんく♂が手掛けている(編曲は高橋諭一)。スタジオ収録曲でありながら、コンサート会場での声援がイントロ、アウトロにSEとして入っている。架空のアイドルユニット(正確にはアイドルデュオ)、重ピンク、こはっピンクのデビュー曲と言う設定である。「唄いまピ〜ンク」「うれピ〜ンク」等のMCが入っており、二人はそれぞれ途中で泣き出してしまう。ファンが重ピンク、こはっピンクに声援を送って、歌が始まる。楽曲としては王道アイドルポップスである。

他メンバーによる歌唱編集

  • 2007年3月25日、モーニング娘。ファンクラブツアーinハワイでのライブでは、ひとピンク吉澤ひとみ)、みきピンク藤本美貴)によりこの曲が歌われた。二人はアロハシャツの上から薄ピンク色のエプロンと、頭に触角がついたピンク色のカチューシャを付けただけの、本物とはかけ離れた姿で登場し、ひとピンクはイントロの泣く所で笑い出し、みきピンクは「大切な思い出が全くない曲」と言い放った。
  • 2012年9月10日9月15日に行われた『℃-uteの日』イベントでは、萩ピンク萩原舞)、あいりピンク鈴木愛理)によりこの曲が歌われた。こちらは幾分本物に近い雰囲気の衣装で、重ピンクに相当する萩ピンクはスカートにイニシャル「S」ワッペンとうさちゃんワッペンを、こはっピンクに相当するあいりピンクはスカートにイニシャル「K」ワッペンを付けていた。

グループ編集

重ピンク、こはっピンクは「レインボーピンク」1曲だけの組み合わせかと思われたが、2006年秋の『モーニング娘。コンサートツアー 〜踊れ!モーニングカレー〜』にて新曲「わ〜MERRYピンXmas!」が披露された。この曲は2006年12月13日発売のアルバム『7.5冬冬モーニング娘。ミニ!』に収録された。さらに2007年3月21日発売のアルバム『SEXY 8 BEAT』には、新曲「宝の箱」が収録されている。