メインメニューを開く

レオポルト・アントニーン・コジェルフ

コジェルフ

レオポルト・アントニーン・コジェルフLeopold Antonín Koželuh, *1747年6月26日 プラハ近郊ヴェルヴァリ - †1818年5月7日 ウィーン)は、ボヘミア出身のウィーン作曲家・音楽教師。生前はドイツ語レオポルト・アントン・コツェルフLeopold Anton Kozeluch)として有名だった。父親アントン・バルトロメウスは教師であり、従兄ヤン・コジェルフも作曲家、娘カタリナはピアニストであった。

地元ヴェルヴァリでアントン・クビックに最初の音楽教育を受け、後に従兄ヤンに師事。プラハのギムナジウムに学んだ後、法学を修めてから音楽に再び専念する。

1771年にプラハの国立劇場において、バレエ音楽によって作曲家デビューを果たす。その後7年間にプラハ国立劇場のために約25曲を作曲。1778年ウィーンに上京し、一時期ヨハン・ゲオルク・アルブレヒツベルガーの薫陶を受ける。短期間のうちに名ピアニストへと腕を上げ、ゲオルク・クリストフ・ヴァーゲンザイルの後任として、オーストリア帝室音楽教師に就任。1781年には、ザルツブルク大司教の専属オルガニストの職を断っている。

1784年からは楽譜出版業も手掛け、モーツァルトも彼の出版社から作品を出版した[1]。モーツァルトの死を受けて1792年に帝室宮廷楽長と宮廷作曲家を兼務(俸給は宮廷に嫌われたモーツァルト(700フローリン)の倍以上の1700フローリンだった)。特別な弟子は自宅で個人指導した。

コジェルフはすでに存命中からヨーロッパ全土で評価を受けていた。しかし最晩年になると多くの批評家から、書き飛ばしているという非難の声が次第に高くなっていった。モーツァルトやベートーヴェンから受けた歯に衣着せぬ酷評は、今日になるまで忘れられていない。とはいえ、ベートーヴェン、シューベルトへの影響ははかり知れない。事実、彼の数作品は長らくベートーベンのものと誤認されていたほどである。

コジェルフは熱心なフリーメイソン会士であり、ウィーンのいくつかのロッジに参加している。

作品編集

バレエの他にオラトリオ交響曲ピアノ協奏曲ピアノ三重奏曲などの作品を多く残した(歌劇も6曲作曲したが全て失われた)。音楽学者ミラン・ポシュトルカが作品を整理し、P(ポシュトルカ)番号を与えた。現在は作品を明示するのに、この番号を使うことが多い。

詳細な作品表が英語版レオポルト・コジェルフの項目にあるので、参照のこと。

  • オラトリオ 《エジプトのモーゼ》、P XVI:1 【演奏例
  • 交響曲 ハ長調 Op.24-1、 P I: 6 【演奏例
  • ピアノ協奏曲 ト長調 Op.11、 P IV: 3 【演奏例
  • 四手連弾ピアノ協奏曲 変ロ長調、P IV:8 【演奏例
  • クラリネット協奏曲 第1番 変ホ長調、 P V: 1 【演奏例
  • 協奏交響曲(トランペット・ピアノ・マンドリン・コントラバスのための) 変ホ長調、 P II: 1 【演奏例

脚注編集

  1. ^ モーツァルトと同時代の作曲家たちの コジェルフの項目

外部リンク編集