レッド・ストーム作戦発動

レッド・ストーム作戦発動』(れっどすとーむらいじんぐ、原題 Red Storm Rising)は、1986年に発表された、アメリカの作家トム・クランシーとラリー・ボンド (Larry Bondの共著による、第三次世界大戦を描いた[1]軍事シミュレーション小説(架空戦記)。

東西冷戦下、ソビエト連邦は、シベリア製油所イスラム教徒テロリストに破壊され、不足した石油を得るため中東占領を企図。北大西洋条約機構(NATO)にそれを妨害させないため、でっち上げた西ドイツによるテロ事件を口実に西ドイツやアイスランドへ侵攻し、西欧や北欧、大西洋でNATO軍と激突する。

バックファイア超音速爆撃機によるアメリカ海軍空母機動部隊への空対艦ミサイル原子力潜水艦による巡航ミサイル攻撃、当時まだ存在が公開されていなかったステルス攻撃機による奇襲攻撃、F-15発射のASATによる人工衛星に対する攻撃など、核兵器を除く多様なハイテク兵器による現代戦の様子が緻密に描かれている。

実際の軍事対決のシーンはラリー・ボンドがデザインした海戦シミュレーションゲーム『ハープーン』での綿密なシミュレーション結果に基づいて描かれている[2]

脚注編集

  1. ^ レッドストーム作戦発動 上 文藝春秋BOOKS
  2. ^ 『ハープーン』(ゲームデザイナーズ・ワークショップ/ホビージャパン 1987年)のマーク・ミラーの前書きより。