メインメニューを開く

レバノン』(ヘブライ: לבנון‎, 英仏: Lebanon, 独: Levanon)は、2009年イスラエルフランスドイツ合作の戦争映画。監督はサミュエル・マオズ2009年のヴェネツィア国際映画祭金獅子賞を獲得した。

レバノン
לבנון
監督 サミュエル・マオズ
脚本 サミュエル・マオズ
製作総指揮 ギル・サソワー
出演者 オシュリ・コーエン
音楽 ニコラス・ベッカー
撮影 ギオラ・ベジャック
編集 アリック・ラハブ・レイボビッチ
配給 日本の旗 プライムウェーブ・ネクシード
公開 イタリアの旗 2009年9月8日VIFF
イスラエルの旗 2009年10月15日
日本の旗 2010年12月11日
上映時間 90分
製作国 イスラエルの旗 イスラエル
フランスの旗 フランス
ドイツの旗 ドイツ
言語 ヘブライ語
アラビア語
テンプレートを表示

目次

概要編集

マオズも兵士として参加した1982年のレバノン戦争を舞台に、戦車兵の若いイスラエル軍兵士4人が置かれた極限状態を通して、戦争の恐怖を描いた作品。演出構成は、全編外部の状況は戦車内のモニターのみで表現し、狭い戦車内での人間関係を描いている。エンディングで初めて彼らの乗っている戦車の概要が写される。戦争の全貌も判らずに戦う兵士を表現した斬新な手法で描かれている。

ストーリー編集

出演者編集

参考文献編集

外部リンク編集