レバノン』(ヘブライ: לבנון‎, 英仏: Lebanon, 独: Levanon)は、2009年イスラエルフランスドイツ合作の戦争映画。監督はサミュエル・マオズ2009年のヴェネツィア国際映画祭金獅子賞を獲得した。

レバノン
לבנון
監督 サミュエル・マオズ
脚本 サミュエル・マオズ
製作総指揮 ギル・サソワー
出演者 オシュリ・コーエン
音楽 ニコラス・ベッカー
撮影 ギオラ・ベジャック
編集 アリック・ラハブ・レイボビッチ
配給 日本の旗 プライムウェーブ・ネクシード
公開 イタリアの旗 2009年9月8日VIFF
イスラエルの旗 2009年10月15日
日本の旗 2010年12月11日
上映時間 90分
製作国 イスラエルの旗 イスラエル
フランスの旗 フランス
ドイツの旗 ドイツ
言語 ヘブライ語
アラビア語
テンプレートを表示

概要編集

マオズも兵士として参加した1982年レバノン侵攻を舞台に、イスラエル国防軍の若い戦車兵4人が置かれた極限状態を通して、戦争の恐怖を描いた作品。演出構成は、全編戦車内で展開し、外部の状況はスコープのみで表現しており、エンディングで初めて彼らの乗っている戦車の外観が映される。終始狭い車内での人間関係を描くことで、戦争の全貌も判らずに戦う様を表現している。

ストーリー編集

出演者編集

役名 俳優 日本語吹替
シムリック ヨアヴ・ドナット 中谷一博
アシ イタイ・ティラン 押切英希
ヘルツル オシュリ・コーエン 佐藤せつじ
イーガル ミハエル・モショノフ 水村拓未
ジャミル ゾハール・シュトラウス 相沢正輝
無線の声A 天田益男
その他 黒澤剛史
中嶋将平
大羽武士
玉野井直樹
兎本有紀

参考文献編集

外部リンク編集