金獅子賞
Leone d'Oro
会場 ヴェネツィア
イタリアの旗 イタリア
授与者 ヴェネツィア国際映画祭
初回 1949年

金獅子賞 (きんじししょう、イタリア語: Leone d'Oro) は、ヴェネツィア国際映画祭の賞の一つであり[1]、同映画祭の最高賞である[1]

目次

概要編集

1949年に創設された[1]。獅子がヴェネツィア守護聖人である聖マルコの象徴であったことからこの名が付けられた[2]ヴェネツィア・ビエンナーレにも同名の賞がある。

1934年から1942年ではムッソリーニ杯と冠した賞が最高賞として授与されていた[3]。そのうち、1940年から1942年に開催されたものは正式な映画祭として認められていない[4]。本項ではその受賞作品も記載する。また、1969年から1979年までの10年間は賞の審査が行われなかった[5]

2015年時点で最多受賞記録は2回であり、それを達成した監督は以下の4名である[1]

名前 受賞作
アンドレ・カイヤット   フランス 1950年『裁きは終りぬ』、1960年『ラインの仮橋』
ルイ・マル   フランス 1980年アトランティック・シティ』、1987年『さよなら子供たち』
チャン・イーモウ   中国 1992年秋菊の物語』、1999年あの子を探して
アン・リー   台湾 2005年ブロークバック・マウンテン』、2007年ラスト、コーション

歴代受賞作品編集

1930年代編集

開催年 受賞作
原題
監督 製作国
1932年 自由を我等に
À nous la liberté
ルネ・クレール   フランス
1934年 Teresa Confalonieri グイド・ブリニョーネ   イタリア王国
アラン
Man of Aran
ロバート・J・フラハティ   イギリス
1935年 おもかげ
Casta Diva
カルミネ・ガローネ   イタリア王国
アンナ・カレニナ
Anna Karenina
クラレンス・ブラウン   アメリカ合衆国
1936年 リビア白騎隊
Squadrone bianco
アウグスト・ジェニーナ   イタリア王国
Der Kaiser von Kalifornien ルイズ・トレンカー   ドイツ国
1937年 シピオネ
Scipione l'Africano
カルミネ・ガローネ   イタリア王国
舞踏会の手帖
Un carnet de bal
ジュリアン・デュヴィヴィエ   フランス
1938年 空征かば
Luciano Serra pilota
ゴッフレード・アレッサンドリーニ   イタリア王国
オリンピア
Olympia
レニ・リーフェンシュタール   ドイツ国
1939年 Abuna Messias ゴッフレード・アレッサンドリーニ   イタリア王国

1940年代編集

開催年 受賞作
原題
監督 製作国
1940年 L'assedio dell'Alcazar アウグスト・ジェニーナ   イタリア王国
白夜の果てに
Der Postmeister
グスタフ・ウィッキイ   ドイツ国
1941年 La corona di ferro アレッサンドロ・ブラゼッティ   イタリア王国
世界に告ぐ
Ohm Krüger
ハンス・シュタインホフ   ドイツ国
1942年 Bengasi アウグスト・ジェニーナ   イタリア王国
偉大なる王者
Der Grosse König
ファイト・ハーラン   ドイツ国
1946年 南部の人
The Southerner
ジャン・ルノワール   アメリカ合衆国
1947年 Sirena カレル・シュテクリー   チェコスロバキア
1948年 ハムレット
Hamlet
ローレンス・オリヴィエ   イギリス
1949年 情婦マノン
Manon
アンリ=ジョルジュ・クルーゾー   フランス

1950年代編集

開催年 受賞作
原題
監督 製作国
1950年 裁きは終りぬ
Justice est faite
アンドレ・カイヤット   フランス
1951年 羅生門 黒澤明   日本
1952年 禁じられた遊び
Jeux interdits
ルネ・クレマン   フランス
1953年 - - -
1954年 ロミオとジュリエット
Romeo and Juliet
レナート・カステラーニ   イギリス
1955年 奇跡
Ordet
カール・テオドール・ドライヤー   デンマーク   ベルギー
1956年 - - -
1957年 大河のうた
অপরাজিত
サタジット・レイ   インド
1958年 無法松の一生 稲垣浩   日本
1959年 ロベレ将軍
Il generale della Rovere
ロベルト・ロッセリーニ   イタリア
戦争・はだかの兵隊
La grande guerra
マリオ・モニチェリ   イタリア   フランス

1960年代編集

開催年 受賞作
原題
監督 製作国
1960年 ラインの仮橋
Le Passage du Rhin
アンドレ・カイヤット   フランス
1961年 去年マリエンバートで
L'Année dernière à Marienbad
アラン・レネ   フランス   イタリア
1962年 僕の村は戦場だった
Ива́ново де́тство
アンドレイ・タルコフスキー   ソビエト連邦
家族日誌
Cronaca familiare
ヴァレリオ・ズルリーニ   イタリア   アメリカ合衆国
1963年 都会を動かす手
Le mani sulla città
フランチェスコ・ロージ   イタリア
1964年 赤い砂漠
Il deserto rosso
ミケランジェロ・アントニオーニ   イタリア   フランス
1965年 熊座の淡き星影
Vaghe stelle dell'Orsa
ルキノ・ヴィスコンティ   イタリア
1966年 アルジェの戦い
La battaglia di Algeri
ジッロ・ポンテコルヴォ   イタリア   アルジェリア
1967年 昼顔
Belle de Jour
ルイス・ブニュエル   フランス   イタリア
1968年 サーカス小屋の芸人たち 処置なし
Die Artisten in der Zirkuskuppel: Ratlos
アレクサンダー・クルーゲ   西ドイツ
1969年 - - -

1980年代編集

開催年 受賞作
原題
監督 製作国
1980年 グロリア
Gloria
ジョン・カサヴェテス   アメリカ合衆国
アトランティック・シティ
Atlantic City
ルイ・マル   カナダ   フランス
1981年 鉛の時代
Die bleierne Zeit
マルガレーテ・フォン・トロッタ   西ドイツ
1982年 ことの次第
Der Stand der Dinge
ヴィム・ヴェンダース   西ドイツ   ポルトガル   アメリカ合衆国
1983年 カルメンという名の女
Prénom Carmen
ジャン=リュック・ゴダール   フランス   スイス
1984年 太陽の年
Rok spokojnego słońca
クシシュトフ・ザヌーシ   ポーランド   西ドイツ   アメリカ合衆国
1985年 さすらう女
Sans toit ni loi
アニエス・ヴァルダ   フランス
1986年 緑の光線
Le Rayon vert
エリック・ロメール   フランス
1987年 さよなら子供たち
Au revoir les enfants
ルイ・マル   フランス   西ドイツ
1988年 聖なる酔っぱらいの伝説
La leggenda del santo bevitore
エルマンノ・オルミ   イタリア   フランス
1989年 悲情城市
悲情城市
ホウ・シャオシェン   台湾

1990年代編集

開催年 受賞作
原題
監督 製作国
1990年 ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ
Rosencrantz & Guildenstern Are Dead
トム・ストッパード   イギリス
1991年 ウルガ
Урга — территория любви
ニキータ・ミハルコフ   ソビエト連邦   フランス
1992年 秋菊の物語
秋菊打官司
チャン・イーモウ   中国
1993年 トリコロール/青の愛
Trois Couleurs: Bleu
クシシュトフ・キェシロフスキ   フランス   ポーランド   スイス
ショート・カッツ
Short Cuts
ロバート・アルトマン   アメリカ合衆国
1994年 愛情萬歳
愛情萬歲
ツァイ・ミンリャン   台湾
ビフォア・ザ・レイン
Before the Rain
ミルチョ・マンチェフスキ   マケドニア   イギリス   フランス
1995年 シクロ
Xích Lô
トラン・アン・ユン   ベトナム   フランス   イギリス香港
1996年 マイケル・コリンズ
Michael Collins
ニール・ジョーダン   アイルランド   イギリス   アメリカ合衆国
1997年 HANA-BI 北野武   日本
1998年 いつか来た道
Così ridevano
ジャンニ・アメリオ   イタリア
1999年 あの子を探して
一个都不能少
チャン・イーモウ   中国

2000年代編集

開催年 受賞作
原題
監督 製作国
2000年 チャドルと生きる
دایره
ジャファル・パナヒ   イラン
2001年 モンスーン・ウェディング
Monsoon Wedding
ミーラー・ナーイル   インド   アメリカ合衆国   フランス   イタリア
2002年 マグダレンの祈り
The Magdalene Sisters
ピーター・マラン   アイルランド   イギリス
2003年 父、帰る
Возвращение
アンドレイ・ズビャギンツェフ   ロシア
2004年 ヴェラ・ドレイク
Vera Drake
マイク・リー   イギリス   フランス   ニュージーランド
2005年 ブロークバック・マウンテン
Brokeback Mountain
アン・リー   アメリカ合衆国
2006年 長江哀歌
三峡好人
ジャ・ジャンクー   中国
2007年 ラスト、コーション
色,戒
アン・リー   台湾   アメリカ合衆国   香港   中国
2008年 レスラー
The Wrestler
ダーレン・アロノフスキー   アメリカ合衆国
2009年 レバノン
לבנון
サミュエル・マオス   イスラエル   フランス   ドイツ

2010年代編集

開催年 受賞作
原題
監督 製作国
2010年 SOMEWHERE
Somewhere
ソフィア・コッポラ   アメリカ合衆国
2011年 ファウスト
Faust
アレクサンドル・ソクーロフ   ロシア
2012年 嘆きのピエタ
피에타
キム・ギドク   韓国
2013年 ローマ環状線、めぐりゆく人生たち
Sacro GRA
ジャンフランコ・ロッシ   イタリア
2014年 さよなら、人類
En duva satt på en gren och funderade på tillvaron
ロイ・アンダーソン   スウェーデン
2015年 彼方から
Desde Alla[6]
ロレンソ・ビガス   ベネズエラ
2016年 Ang Babaeng Humayo ラヴ・ディアス   フィリピン

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b c d The awards of the Venice Film Festival”. 2014年8月19日閲覧。
  2. ^ Biennale Cinema History of the Venice Film Festival: The Forties and Fifties”. Biennale. La Biennale di Venezia (2008年). 2008年5月28日閲覧。
  3. ^ Venice Film Festival”. IMDb. 2014年8月19日閲覧。
  4. ^ The 40s and the 50s”. Biennale. 2014年8月19日閲覧。
  5. ^ The 60s and the 70s”. Biennale. 2014年8月19日閲覧。
  6. ^ ベネチア映画祭結果発表!金獅子賞はベネズエラ人新進監督のデビュー作!【第72回ベネチア国際映画祭】(1/2)”. シネマトゥデイ (2015年9月13日). 2015年9月14日閲覧。

外部リンク編集