レフ

ブルガリアの通貨

レフlevブルガリア語лев) 複数形:レヴァlevaлева )は、1881年から使用されているブルガリア通貨単位。国際通貨コード(ISO 4217)は、BGN。補助通貨単位はストティンカ(stotinka、複数形:stotinki ストティンキ)で、1レフ=100ストティンキ。

ブルガリア・レフ
Български лев  (ブルガリア語)
The First Bulgarian Banknote Frontside.png
The first Bulgarian banknote, 1885.
ISO 4217
コード
BGN
中央銀行 ブルガリア国立銀行
 ウェブサイト www.bnb.bg
使用
国・地域
ブルガリアの旗 ブルガリア
固定レート ユーロ (€) = 1.95583 レフ
補助単位
 1/100 ストティンカ
通称 kint[1]
複数形 levove, numeric: leva
 ストティンカ ストティンキ
硬貨 1, 2, 5, 10, 20, 50 ストティンキ, 1, 2 レフ
紙幣
 広く流通 5, 10, 20, 50, 100 レフ
 流通は稀 2 レフ
硬貨鋳造 ブルガリア造幣局
 ウェブサイト www.mint.bg

概要編集

1997年よりドイツマルクを基軸通貨とする固定相場制を採用。欧州通貨統合により基軸通貨はユーロとなり、€1=1.95583レヴァ固定(2018年1月6日現在1レフ=69.58円)。

19世紀頃のブルガリア語では、レフは獅子という意味を持っていた(現代ブルガリア語では、獅子はルフ(luv、ブルガリア語:лъв)である)。これはオランダターラー銀貨をもとに発行されていたライクスダアルダー(rijksdaalder)という大型銀貨に由来する。ライクスダアルダーはライオンの像を彫っており、それゆえリューエンダーラー(leeuwendaler、ライオン・ドル)という別名があった。リューエンダーラーがオスマン帝国領内に流通し、ブルガリアやルーマニアではライオンが銀貨の別名になった。

1999年7月5日デノミネーションが実施され、1,000旧レヴァは1新レフと同等の価値とされた。デノミネーション前の旧レフの国際通貨コードは、BGLである。

2020年7月10日クロアチア・クーナと同時にERM2加盟が承認された。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ The nickname for lev can be both kint (masc) and kinta (fem), inflected accordingly for plurals and numerical values (kinta, kinti); stotinka – which literally simply means hundredth (diminutive) – is usually shortened to stinka.

関連項目編集

いずれもレフと同じ「獅子」という意味の通貨を使用している。

外部リンク編集