レンフェの447系は、446系やCiviaとともに効率的な地域の列車運行のために設計された電車のシリーズのうちの一つである。1992年から2001年にかけて製造された。

Renfe446系電車
RN447-022.JPG
オリジナル塗装の447系
主要諸元
編成 3両
軌間 1,668 mm
電気方式 直流3,000 V
最高運転速度 120 km/h
編成定員 234人 (座席)
編成重量 162.5 t
全幅 2,900 mm
全高 4,185 mm
主電動機 Siemens ITB2220-oJA 03×4基
主電動機出力 300 kW
編成出力 2,400 kW
保安装置 ASFA
備考 編成長75,993 mm
UIC軸配置:Bo'Bo' - 2'2 '- Bo'Bo'
テンプレートを表示

446系との相違点編集

447系は446系と似た設計で登場したが、446系よりも高い加速度、引張力に加え、最高速度を120km/hに高めることが求められた。この電車には真空式便所が設けられた。446系との併結は営業運転で可能であるが、その場合は力行ブレーキ時においていくつかの制約を受ける。446系が駅間距離1から2km程度の区間で運用されるのに対して、447系は2から4kmごとに停車駅がある区間に用いられる。特記事項としては、同じ車体の電車がメキシコメキシコシティ都市圏郊外鉄道でもUT-01形として使われていることが挙げられる。