レーザー超音波計測

レーザー超音波計測(レーザーちょうおんぱけいそく)は、材料内部のきずや欠陥を光音響効果を用いて検出する超音波計測手法の一つである。

目次

概要編集

強力なエネルギー強度を持つレーザーを用いて材料内部に高周波弾性波(超音波)を励起する。また、材料内部のきずや欠陥からの散乱波の計測もレーザー干渉計を用いて行う。超音波の発信・受信をレーザーを用いることで、対象物に非接触で計測がおこなえる利点を持つ。超音波探触子の接触が困難であった高温の対象物の超音波計測など適用範囲は多い。

原理による分類編集

Aモード(アブレーションモード)
レーザー照射により材料表面にアブレーションを起こす。アブレーションの効果により材料内部に超音波を発生させる。
Tモード(サーマルモード)
レーザー照射により材料表面付近が熱膨張を起こす。熱膨張の効果により材料内部に超音波を発生させる。

用途編集

脚注編集

文献編集

関連項目編集