メインメニューを開く
本来の表記は「嫪毐」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

嫪 毐(ろう あい、拼音:Lào Ǎi、紀元前258年[要出典] - 紀元前238年)は、中国代の偽宦官。当初は呂不韋食客であったが、嬴政(後の始皇帝)の母である趙姫(太后)と関係を持ち、一時は権勢を誇った。

目次

略歴編集

史記』呂不韋列伝によると、嫪毐巨根で知られ、宴会の余興として自らの一物を軸に馬車の車輪を回して見せたという。その特長ゆえに、秦の宰相呂不韋に見出された。

呂不韋は政の母・趙姫(太后)と長年不倫関係を続けていたが、淫乱な太后を老年に差し掛かった彼が満足させることが難しくなり、同時にその関係は非常に危険なことであった。そこで関係を清算したがっていた呂不韋は、自身の身代わりとして彼を後宮に送り込んだ。王以外の男性で後宮に出入りできるのは、男性器を切除した宦官のみであり、巨根が売り物の嫪毐が性器を切除しないまま後宮に入れるにあたり、を抜き取るなどして宦官のような容貌に変えさせ、さらに宮刑を執行されたという記録をでっちあげるなどの裏工作をした。思惑通り嫪毐は後宮に入って太后の寵愛を受け、2人の息子を儲けた。やがて太后の後ろ盾をもとに次第に権勢を握り、紀元前239年嫪毐長信侯に封じられた。また、多くの食客を擁するようになり、呂不韋に次ぐ権勢を誇った。また、太原郡汾河以西を毐国とした。

しかし房事での出世は周囲の評判が悪く、密告により政に知られることになって、内偵により太后との密通が露見した。そこで嫪毐御璽及び太后の印璽を盗み出して兵を集めて反乱を起こそうとした。しかし既にそれに備えていた政の命を受けたの公子である昌平君昌文君の叔姪[1]によって咸陽で返り討ちに会い、逃亡したものの捕らえられて車裂きの刑に処され、その一族や太后との間のふたりの息子もことごとく処刑された。

参考文献編集

関連項目編集

  • 史記』秦始皇本紀・呂不韋列伝
  • 道鏡 - 呂不韋・太后・嫪毐が藤原仲麻呂称徳天皇・道鏡と重ねあわされたために道鏡が巨根だという俗説が生まれたという説がある[2]

脚注編集

  1. ^ 李開元の『末代楚王史跡鉤沈』
  2. ^ 新雑学研究会『人に話したくなるとっておきの雑学』コスモ出版(1997/05) ISBN 978-4876834501