昌平君(しょうへいくん、紀元前271年[1] - 紀元前223年)は、中国戦国時代の公子。。諱は[2]。楚の考烈王昭襄王の娘のあいだの子[1]

経歴編集

紀元前271年、前年に春申君と共に人質として秦に入っていた楚の太子完(後の考烈王)と昭襄王の娘のあいだに生まれた[1]

紀元前263年、春申君が太子完を楚に逃がすと、華陽夫人(秦の孝文王正室、楚の公女)に養育された[1]

紀元前249年荘襄王の代に出仕。

紀元前246年、秦王の時代に御史大夫となり呂不韋を補佐。

紀元前238年嫪毐が背くと叔父[2]昌文君(公子顛)と共に鎮圧した。

紀元前237年、呂不韋が相国を罷免された後は嫪毐の反乱を鎮圧した功績を評され右丞相となった。

紀元前226年、楚の攻略に必要な兵数の議論を巡って王翦が将軍を罷免となった際、秦王政を諌めたため、その怒りを買って昌平君も丞相を罷免された。

また秦王政は紀元前230年に滅ぼしたの旧都の新鄭(現在の河南省鄭州市新鄭市)で韓の旧臣による反乱が起きたため、鎮圧すると韓王安を処刑してこれを完全に滅ぼした[3]

このために楚の旧都の郢陳[4](現在の河南省周口市淮陽区)の民が動揺したため、楚の公子でもある昌平君が当地へ送られ、楚の民を安撫するように命じられた[5]

紀元前225年李信蒙恬率いる20万の秦軍が楚の首都の(寿春、現在の安徽省淮南市寿県)に向け侵攻。秦軍が寿春に迫ったとき昌平君がいる郢陳で反乱が起き、李信の軍がこれを討ちに向かったところを楚の将軍の項燕の奇襲により秦軍は壊滅的打撃を受けた[6]

紀元前223年、異母兄弟[7]の楚王負芻が秦に捕らえられ、楚が滅亡すると項燕により淮南で楚王に立てられ、秦に背いたが、王翦・蒙武に敗れて戦死した。

子女編集

  • 不詳

脚注編集

  1. ^ a b c d 史記索隠
  2. ^ a b 李開元の『末代楚王史跡鉤沈』および『秦謎』
  3. ^ 睡虎地秦簡』(編年紀)
  4. ^ 楚は遷都した地を郢と呼んだ。
  5. ^ 史記秦始皇本紀
  6. ^ 『史記』 王翦列伝
  7. ^ 列女伝』弁通伝によると叔父とする。

史料編集


先代:
負芻
前223年
次代:
-