ロシアン・フック

ロシアン・フックとは腰の回転を極力使わず、肩を回して打つフックの一種である。主に総合格闘技で使用される。

概要編集

総合格闘技にてボクシングのフックを打つと、体の軸を腰を中心に切る必要があるので、そこをタックルに入られてしまうという弱点がある。そこで、相手に対し正面を向いた状態から肩を回し肘を伸ばして拳の裏を当てるように打つことで、この弱点をある程度カバーできる。ロシアン・フックの名は、この技を得意とした総合格闘家イゴール・ボブチャンチンロシアの総合格闘技出身であったことから、佐山聡によって命名された(なおボブチャンチンはウクライナ人である)。他にはエメリヤーエンコ・ヒョードルもよく使用する。