ロシア連邦保安庁アカデミー

ロシア連邦保安庁アカデミー(Академия Федеральной службы безопасности)は、ロシア連邦モスクワ市ミチュリンスキー通りに位置する、保安将校を養成する為のロシア連邦保安庁(FSB)の教育機関(士官学校)。FSBだけではなく、ロシア対外情報庁(SVR)、ロシア連邦軍等の保安将校もここで教育を受ける。

前身は、1921年に設置されたチェーカー作戦要員訓練課程である。ソ連時代は、F.E.ジェルジンスキー名称高等学校と称された。

キャンパス編集

歴史編集

月日 事跡
1921年 1月25日 チェーカー幹部会により、作戦要員訓練課程の設立決定
1921年 4月27日 1期生入校
1922年 - 国家政治局(GPU)高等課程に改編。政治班と軍事班を開設
1929年 7月 内務機関職員再訓練学校に改編。実習生制度導入
1930年 5月29日 統合国家政治局(OGPU)中央学校に改編
1937年 - 大粛清により2年間で5人の学校長が粛清
1952年 - 法学部開設
1992年 8月24日 ロシア連邦保安庁アカデミーに改称
1994年 取調学部に女性課程が開設(後に通訳学部のみに限定)

組織編集

10学部、7一般教養学部、46講座、5機能部署、14保障部署、科学研究センターが存在する。SIGINT関係の専門家の要請のために、暗号・通信・情報学大学が別途に存在する。

学生編集

教員編集

歴代校長編集

氏名 任期
ウラジーミル・シュルツ
ワレンチン・ウラソフ

歴代校長・学長編集

区分 時代 氏名 任期

スポーツ・サークル・伝統編集

主な出身者編集

主な教員編集

関連項目編集

外部リンク編集