ロスト・ソウルズ

ロスト・ソウルズ』(原題:Lost Souls)は、2000年制作のアメリカ合衆国ホラー映画

ロスト・ソウルズ
Lost Souls
監督 ヤヌス・カミンスキー
脚本 ピアース・ガードナー
原案 ピアース・ガードナー
ベッツィ・スタール
製作 メグ・ライアン
ニーナ・R・サドウスキー
製作総指揮 マイケル・デ・ルカ
ドナ・ラングレー
出演者 ウィノナ・ライダー
ベン・チャップリン
ジョン・ハート
サラ・ウィンター
フィリップ・ベイカー・ホール
イライアス・コティーズ
音楽 ヤン・A・P・カチュマレク
撮影 マウロ・フィオーレ
編集 アンドリュー・モンドシェイン
製作会社 キャッスル・ロック・エンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗 ニュー・ライン・シネマ
日本の旗 ギャガ・コミュニケーションズヒューマックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2000年10月13日
日本の旗 2001年6月2日
上映時間 97分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $50,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $16,815,253[1]
世界の旗 $31,355,910[1]
テンプレートを表示

シンドラーのリスト』や『プライベート・ライアン』等、スティーヴン・スピルバーグ監督作品の撮影監督として知られるヤヌス・カミンスキーの初監督映画。メグ・ライアン製作。

あらすじ編集

ピーター・ケルソンは犯罪ジャーナリスト兼ベストセラー作家として、凶悪犯罪者たちの心理探究に没頭している。彼は幼少時代に両親を殺害された過去があった。また、彼は信仰心が薄く、無神論者を公言していた。そんな彼は最近、“X-E-S”という謎の文字を頻繁に夢に見ていた。

その頃、ある病院でカトリック教会公認の悪魔払いの儀式が行われていた。神学校で働くマヤは聖職者ではないが、過去に自身も悪魔に憑かれた経験があるため、助手として参加していた。儀式は失敗に終わり、悪魔に取り憑かれた対象者ヘンリーは不敵な笑みを浮かべて、謎の数字を綴る。マヤはその数字が書かれた紙を密かに持ち去り、解読する。すると、ピーター・ケルソンという名が浮かび上がってきた。悪魔は次にピーターに取り憑こうとしていたのだ。

マヤはピーターを探し出し、一連の出来事を話すが、無神論者のピーターは聞く耳を持たない。だが、その後も2人の周囲では奇怪な現象が次々と発生する。そして、さらに調査を進めた2人は、例の悪魔祓いを行ったラロー神父の本の中に、「33歳の誕生日に悪魔が憑依する」という文章に下線が引いてあるのを見つける。そして、ピーターは翌日、33歳の誕生日を迎えることが分かる…。

キャスト編集

脚注編集

  1. ^ a b c Lost Souls”. 'Box Office Mojo'. 2010年6月20日閲覧。

外部リンク編集