ヤヌス・カミンスキー

ヤヌス・カミンスキーJanusz Kaminski, 1959年6月27日 - )は、アメリカ合衆国で活動する撮影監督である。ポーランドのジェンビツェ(Ziębice)出身。『シンドラーのリスト』以降スティーヴン・スピルバーグ作品の撮影を担当している。

ヤヌス・カミンスキー
Janusz Kaminski
Janusz Kaminski
本名 Janusz Zygmunt Kamiński
生年月日 (1959-06-27) 1959年6月27日(58歳)
出生地 ポーランドの旗 ポーランド
職業 撮影監督

目次

略歴編集

1981年にヴォイチェフ・ヤルゼルスキ政権下でポーランド全土に戒厳令が敷かれた後、21歳でアメリカに渡り、シカゴにあるコロンビアカレッジに学ぶ。その後、多くの映画人を育成したAFI(アメリカ映画協会)の映画製作者支援講座で映画製作を学んだ後、撮影監督として活動を開始。低予算の映画からテレビ長編ドラマの撮影を手がけ、その中の一本がスピルバーグの目に留まり、『シンドラーのリスト』に抜擢され、全編白黒撮影という難題を克服、その手腕によりアカデミー撮影賞を受賞した。その後、スピルバーグを初め、キャメロン・クロウ監督などの作品の撮影から、監督業までを担当し、98年の『プライベート・ライアン』では、二度目のオスカーに輝くなど、東欧出身の撮影監督として確固たる地位を獲得している。

色調の抑制された、シャープでクールな画面構成を得意とし、銀残しなどのポストプロダクションなどにも精通している。また非常に早撮りであり、あらゆる作品にすばやく対応できるため、ラブロマンスから実話もの、歴史物、SFに至るまで、ありとあらゆるジャンルを撮り続けている。

私生活では、女優ホリー・ハンター1995年5月20日に結婚したが、2001年12月21日をもって離婚。2004年2月16日ABCのレポーターであるレベッカ・ランキンと再婚している。

主な作品編集

撮影編集

監督編集

主な賞歴編集

外部リンク編集