メインメニューを開く

ロックン・ロール (レッド・ツェッペリンの曲)

概要編集

レコーディングのために合宿していたヘッドリィ・グランジに於いて、イアン・スチュアートを迎えてジャムセッションを行なっていた際、たまたまボーナムがリトル・リチャードの「Keep a Knockin」のイントロを叩き始めたところ、ペイジが即興リフで応じ、そのまま発展させて15分後には曲の骨格ができあがったという、偶発的に生まれた曲。

この時に得られた素材を基に、ヘッドリィ・グランジでローリング・ストーンズから借りた車載スタジオ「モービル・ユニット」を用いて録音された。同スタジオの管理人だったスチュアートは、レコーディングにも参加している。題名通り、ブルース形式に則った3コードのシンプルながら強烈なロックンロールナンバーである。また、レッド・ツェッペリンの楽曲としては珍しく、作曲にメンバー4人全員の名前がクレジットされている。

なお、イントロのドラム・パターンは、しばしば変拍子と誤解されるが、実際はリズムのトリック(3拍目裏からスタート)を用いた4/4拍子である。

ステージ・パフォーマンス編集

『レッド・ツェッペリン IV』の発売に先立って、1971年春のアイルランド公演でアンコール曲として初披露。この頃はタイトルが決まっておらず、プラントは「It's Been A Long Time」と紹介していた。1972年の日本公演から1975年まで、コンサートのオープニング・ナンバーとなった。1977年アメリカツアーから再びアンコールに演奏され、レッド・ツェッペリン解散後も1985年ライヴ・エイド2007年O2アリーナでの復活ライブなどで演奏されている。

カバー・バージョン編集

脚注編集

参考文献編集

  • 『レッド・ツェッペリン全曲解説』デイヴ・ルイス著 福田美環子訳 シンコー・ミュージック刊