ロビン 西(ロビン にし、1966年12月15日 - )は、日本男性漫画家。本名:藤崎 仁(ふじさき ひとし)[1]

代表作は2004年に映画化された『マインド・ゲーム』など。実験的な作風が多く、非常に寡作な作家である。

経歴編集

大阪府東大阪市出身[2]。小学校・中学校・高等学校の同級生にタナカカツキがおり、現在でも交友がある。

高校在学中にデビュー。その後は楳図かずおアシスタントを勤める傍ら、本名由来の藤崎 ヒトシ名義で作品を発表。「ロビン 西」名義は、成人向け漫画を描いているのを隠すため、昔の友人から拝借した。

作品リスト編集

  • 俗物王(1992年 - 1994年、モーニング)※藤崎ヒトシ名義
  • マインド・ゲーム(1995年 - 1996年、コミックアレ!
    • 2014年にフランス語版が発売された。
  • ロビン西のゴーゴー初体験 男のドアホウレポート(1996年)
  • ポエやん(1997年)
  • オムスビゴロニャンスッポンポン(1999年)
  • ソウル・フラワー・トレイン(2008年)
    • 2013年に実写映画化。
  • ロビン西のぶっ多摩スクープ!!(2008年 - 、西多摩新聞

脚注編集

  1. ^ ロビン西 国立国会図書館典拠データ検索・提供サービス
  2. ^ マックスマガジン:ロビン西氏インタビュー マックスマガジン 2016年11月10日閲覧。

外部リンク編集