ロンドン交響曲 (ハイドン)

ハイドン作曲の交響曲12曲の総称

フランツ・ヨーゼフ・ハイドン作曲の「ロンドン交響曲」は、ハイドンがヨハン・ペーター・ザロモンの招きによってロンドンを訪問するにあたって1791年から1795年にかけて作曲した12曲の交響曲の総称である。他にもロンドン・セットや、招聘者にちなんでザロモン交響曲ザロモン・セットなどと呼ばれることがある。

ハイドンの最初のロンドン訪問中に書かれた第93番から第98番と、2回目のロンドン訪問にあたってウィーンおよびロンドンで書かれた第99番から第104番の2つのグループに大別できる。[1]

なお、交響曲第104番ニ長調『ロンドンを単独で「ロンドン交響曲」と呼ぶこともある。

ロンドン交響曲に含まれる交響曲編集

一部の交響曲に愛称が付与されているが、いずれもハイドン自身が名づけたものではないとされる。 第100番「軍隊」については、初演の新聞予告にすでに「軍隊交響曲」という呼び方が使われていたため、この曲を「軍隊」と名付けたのは、ハイドン自身ではないかという説もある。

クラリネットの使用編集

初期のクラリネットは制約が大きく、またエステルハージ家のオーケストラにクラリネット奏者が短期間しかいなかったこともあり、ハイドンの交響曲ではクラリネットを使用してこなかった。ロンドン交響曲では従来のハイドンの曲よりも管弦楽の規模が大きく、第2期ロンドン交響曲のうち102番以外の5曲で初めてクラリネットが使われた。ただし、ほかの管楽器にくらべるとその使用はまだ控え目であり、101番では他の楽器と同じ音を重複して吹いているだけでほとんど聞こえない。100番では第2楽章にのみ出現し、イェニチェリの軍楽を模倣する[2]

なお、晩年のハイドンの曲ではクラリネットは多用される(『天地創造』や後期のミサ曲など)。

注釈編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Webster, James: ‘Haydn, Joseph’, Grove Music Online ed. L. Macy (Accessed 8 March 2008).
  2. ^ Albert R. Rice (2003). The Clarinet in the Classical Period. Oxford University Press. p. 180. ISBN 9780195342994