メインメニューを開く

ローズマリー・ティンパリー(Rosemary Timperley、1920年3月20日 - 1988年11月9日)は、イギリス女性作家である。

経歴・人物編集

ロンドン生まれ。ロンドン大学を卒業後の25歳から、小説を書きはじめる。1960年までは学校教師とジャーナリストをしながら、余技に小説を書いた。温和なゴースト・ファンタジー系の長編作品は30作ほどあるが、日本語に訳されたものは皆無で、日本においては短編作家として知られる。短編も作風としては多くがホラー的であり、それらは第二次世界大戦前後に、各雑誌へ掲載され始めた。『ツルーズ』誌に発表した「クリスマスの出会い(Christmas Meeting)」が、同じくイギリスのホラー作家シンシア・アスキスの目に留まり、1952年に彼女が編纂した『THE SECOND GHOST BOOK』に選ばれて一躍注目を集めた[1]。以後彼女の短編はイギリスの雑誌やアンソロジーに多く収録され、のちにはアスキスの後継者としてアンソロジーの編纂にもあたっている[1]

日本語訳作品編集

  • 「ハリー (Harry)」
  1. (仁賀克雄編 / 訳『幻想と怪奇 宇宙怪獣現わる』(ハヤカワ文庫・1977)収録 → 2005年にハヤカワ文庫NVにて復刊されている)
  2. (ロアルド・ダール編 / 乾信一郎訳『ロアルド・ダールの幽霊物語』(ハヤカワ・ミステリ文庫・1988)収録)
  • 「クリスマスの出会い (Christmas Meeting)」(ロアルド・ダール編 / 乾信一郎訳『ロアルド・ダールの幽霊物語』(ハヤカワ・ミステリ文庫・1988)収録)
  • 「マーサの夕食 (Supper with Martha)」(仁賀克雄訳『新・幻想と怪奇』(早川書房・2009)収録)
  • 「レイチェルとサイモン (Rechel and Simon)」(仁賀克雄訳『新・幻想と怪奇』(早川書房・2009)収録)

脚注編集

  1. ^ a b 仁賀克雄・編/訳『新・幻想と怪奇』(早川書房・2009)著者紹介