メインメニューを開く
1955年

乾 信一郎(いぬい しんいちろう、1906年5月15日 - 2000年1月29日)は、日本の小説家翻訳家

米国シアトル生まれ。本名・上塚貞雄で、本名での著作もある。1912年、母とともに父母の郷里熊本県に戻りそこで育つ。青山学院高等部卒。同商科在学中の1928年、翻訳が『新青年』に採用される。1930年卒業後、博文館に勤務し、『新青年』に探偵小説を書く。1935年『講談雑誌』編集長、1937年『新青年』編集長。1938年フリーとなり、文筆に専念。戦後「青いノート」「コロの物語」などNHK連続放送劇の脚本を手がける。ユーモア小説、動物小説を多く書いたが、探偵小説ミステリー小説等の翻訳も数多く手がけた。筆名は当初「乾信四郎」(かんしんしろう)としていたが、「あんまりしゃれが露骨で気がひけ」たため「乾信一郎」と改めた[1]

目次

著書編集

  • 『炉辺夜話 動物小説集』春秋社 1933
  • 『続・炉辺夜話 動物小説集』松柏館書店 1935
  • 『現代ユーモア小説全集 第12巻 豚児廃業・五万人と居士』アトリエ社 1936
  • 北一輝西田税 二・二六事件の惑星!』第百書房 1936
  • 『人間大安売り』太白書房 1937
  • 『新作ユーモア全集 第14巻 倅太平記』春陽堂 1938
  • 『新版ユーモア小説全集 第9巻 百万人の行進』アトリヱ社 1939
  • 『阿呆宮一千一夜譚』八紘社 1939
  • 『コント横丁』代々木書房 1940.12 (現代大衆文學全集)
  • 『江見家の手帖』東成社 1941 (ユーモア文庫)
  • 『敬天寮の君子たち』東成社 1943 (ユーモア文庫)
  • 『ガランコロン事件』国民図書刊行会 1948 (ぺんぎん文庫)
  • 『人間芝居』東成社 1952 (ユーモア小説全集)
  • 『ぼくは二番目』宝文館 1953 (少年少女ユーモア文庫)
  • 『何も知っちゃいない話』白灯社 1953
  • 『動物小説集』第1-3 春秋社 1953
  • 『どうぶつだけのおはなし』1~4年生 宝文館 1954
  • 『アパート春秋』東方社 1954
  • 『青空通信』東方社 1954
  • 『コント百貨店』東方社 1955
  • 『コント劇場』東方社 1955
  • 『独身寮盛衰記』東方社 1955
  • 『ぐうたら守衛』東方社 1955
  • 『青いノート』鱒書房 1956
  • 『春の風』東方社 1956
  • 『コロの物語』1~4 鈴木出版 1958-59
  • 『あり得ない話がある話 世界の奇談集』芸文社 1964 (アルファ・ブックス)
  • 『動物夫婦百景 けものの性生活』芸文社 1964 (芸文新書)
  • 『ネコの小事典』誠文堂新光社 1966
  • 『ネコの育児書』主婦と生活社 1972 (タウンブックス)
  • 『猫の本』本多信男写真 山と渓谷社 1978.6 (山渓カラーガイド)
  • 『おかしなネコの物語』1980.12 (ハヤカワ文庫)
  • 『小さな庭の小さなウォッチング』早川書房 1986.10 のち文庫『小さな庭のウォッチング』
  • 『「新青年」の頃』早川書房 1991.11

翻訳編集

  • 『オルチイ集』オルチイ著、上塚貞雄訳 博文館 1930 (世界探偵小説全集 21)
  • ドイル全集』延原謙妹尾アキ夫、上塚貞雄訳 改造社、1931
  • 『専用心配係』P・G・ウッドハウス 東成社 1939 (ユーモア傑作集)
  • 『天晴れジーブス』P・G・ウッドハウス 東成社 1940 (P・G・ウッドハウスユーモア傑作集)
  • 『無敵相談役』P・G・ウッドハウス 東成社 1940 (ユーモア長篇小説集)
  • 『紅鱒 動物小説集』博文館 1940.9
  • 『駒鳥 動物小説集』映画出版社 1941
  • 『西部活劇双書 第2 拳銃を捨てた男 外4編 暴力の谷』アレキサンダー・ブレイド 誠文堂新光社 1950
  • 『マギル卿最後の旅』F・W・クロフツ 雄鶏社 1951 (おんどり・みすてりい)
  • 『地下鉄サム 第4』ジョンストン・S・マッカレー 日本出版協同 1953 のち創元推理文庫
  • チャイナ・オレンジの秘密エラリー・クイーン 早川書房 1955 (世界探偵小説全集) のち文庫
  • 『マギル卿最後の旅』F・W・クロフツ 早川書房 1955 (世界探偵小説全集)
  • 伯母殺しリチャード・ハル 早川書房 1958 (世界探偵小説全集) のち文庫
  • 『ボンベイの毒薬』H・R・F・キーティング 早川書房 1967 (世界ミステリシリーズ)
  • 『罠は餌をほしがる』A・A・フェア 早川書房 1967 (世界ミステリシリーズ)
  • 『世界は女房持ちでいっぱいだ』J・コリンズ 早川書房 1968
  • 『おひまなペネロープ』E・V・カニンガム 早川書房 1968 (世界ミステリシリーズ)
  • 『その犯罪は別』マイクル・アンダーウッド 早川書房 1968 (世界ミステリシリーズ)
  • 『終りなき夜に生れつく』アガサ・クリスティー 早川書房 1968 (世界ミステリシリーズ) のち文庫
  • 『バートラム・ホテルにて』アガサ・クリスティー 早川書房 1969 (世界ミステリシリーズ) のち文庫
  • 『恋情』マール・ミラー 早川書房 1970
  • 『怪奇な恋の物語』ヘンリー・クレメント 早川書房 1970
  • 『奮闘 ドーヴァー5』ジョイス・ポーター 早川書房 1970 (世界ミステリシリーズ) のち文庫
  • 『ある奇妙な死』ジョージ・バクスト 早川書房 1970 (世界ミステリシリーズ)
  • 『北の脱走者』チャールズ・コリングウッド 早川書房 1971
  • 『老女のたのしみ』ロバート・クレイン 早川書房 1971
  • 時計じかけのオレンジアンソニー・バージェス 早川書房 1971 のち文庫
  • 『若者よ、きみは死ぬ』ジョーン・フレミング 早川書房 1972 (世界ミステリシリーズ)
  • 『チャーリー・チャンの追跡』E・D・ビガーズ 1972 (創元推理文庫)
  • 『復讐の女神』アガサ・クリスティー 早川書房 1972 (世界ミステリシリーズ) のち文庫
  • 『鷹と少年』バリー・ハインズ 早川書房 1973
  • 『キャット・ダンシング』マリリン・ダーラム 早川書房 1973
  • 『逆襲 ドーヴァー6』ジョイス・ポーター 早川書房 1973 (世界ミステリシリーズ)
  • 『ネコ学入門』クリスティーン・メトカーフ 主婦と生活社 1974
  • 『オクラホマ巨人』マーク・ノーマン 早川書房 1974
  • 『レイディ』トマス・トライオン 早川書房 1975
  • 『最後の英雄』ジョン・ギル 早川書房 1975
  • 『ジャック・ザ・ベア』ダン・マッコール 早川書房 1976
  • 『撲殺 ドーヴァー7』ジョイス・ポーター 早川書房 1976 (世界ミステリシリーズ)
  • 大列車強盗マイクル・クライトン 早川書房 1976 のち文庫
  • ラスト・タイクーンF・スコット・フィッツジェラルド 1977.7 (ハヤカワ文庫)
  • 『金門橋』アリステア・マクリーン 早川書房 1978.1 のち文庫
  • 『アガサ・クリスティー自伝』早川書房 1978.12 のち文庫
  • パーカー・パイン登場』アガサ・クリスティー 1978.2 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
  • 『北人伝説』マイクル・クライトン 早川書房 1980.9 のち文庫
  • 『ダラス ユーイング家の人びと』バート・ハーシュフェルド 早川書房 1981.9
  • 『1944年の戦士』ウィリアム・P・マッギヴァーン 早川書房 1981.12
  • 『ダラス 2 華麗なる女たち』バート・ハーシュフェルド 早川書房 1982.3
  • 『シャーロック・ホームズのライヴァルたち』1-2 押川曠共訳 1983 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
  • 『レスター・リースの冒険』E・S・ガードナー 1984.3 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
  • 『レスター・リースの新冒険』E・S・ガードナー 1984.4 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
  • 『シャーロック・ホームズの災難』エラリイ・クイーン編 中川裕朗共訳 1984-85 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
  • 『探偵小説の世紀 下』G・K・チェスタトン 共訳 1985.8 (創元推理文庫)
  • 『犬ですがちょっと一言』ミュリエル・ドビン 1985.2 (ハヤカワ文庫)
  • ロアルド・ダールの幽霊物語』1988.12 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

脚注編集

  1. ^ 乾信一郎 『「新青年」の頃』 早川書房、1991年11月、26頁。ISBN 4-15-203498-X 

参考文献編集

  • 『「新青年」の頃』(自伝)