赤木 かん子(あかぎ かんこ)は日本の児童文学評論家、アンソロジスト。本名は幹子(読みはみきこ)。

略歴編集

長野県松本市に生まれる。1981年に法政大学文学部英文学科卒業。犬飼和雄に師事。

その後、1984年に「本の探偵」としてデビュー。「本の探偵」とは、幼少時に読んだもののタイトルや作家名を忘れてしまった本を探し出す仕事のことであり、その当時は珍しい仕事であった(無償)。

これを機に、児童文学の世界に入る。犬飼ゼミの同門である金原瑞人と隔週交替で朝日新聞の書評コラム「ヤングアダルト招待席」を執筆。日本の書店・図書館にヤングアダルト・ブックスを定着させた。 児童文学、ミステリーの評論、子どもの文化の研究など。図書館を中心に日本各地での講演活動も多い。 図書館の改善運動にも積極的で、近年は特に小中学校の図書館の活性化に努めている。

著書編集

  • 『こちら本の探偵です』(径書房) 1985、のちちくま文庫
  • 『赤木かん子「book」術・子供の本がいちばん!』(晶文社) 1987
  • 『子どもの本とごちそうの話』(径書房) 1987 
  • 『魔女のよせなべ』(径書房) 1988 
  • 『赤木かん子のヤングアダルトブックガイド』(レターボックス社) 1993 
  • 『かんこのミニミニ世界児童文学史 図書館員のカキノタネ』(図書館流通センター) 1994
  • 『女性のためのミステリ・トーク』(自由国民社) 1994 
  • 『絵本・子どもの本総解説』(自由国民社) 1995 
  • 『かん子のミニミニマンガ入門 図書館員のカキノタネ』(リブリオ出版) 1995 
  • 『かんこのミニミニ子どもの本案内 図書館員のカキノタネ』(リブリオ出版) 1995 
  • 『かんこのミニミニヤング・アダルト入門』1・2(リブリオ出版) 1997
  • 『この本読んだ?おぼえてる?』(フェリシモ) 1999 
  • ドラゴンフルーツ』(土橋豊監修、リブリオ出版、トロピカルフルーツずかん) 2001
  • 『ねえこの本読んで!』 (1-6年生くらいから楽しめる本)(リブリオ出版) 2001 
  • 『あなたのことが大好き!の絵本50冊』(自由国民社) 2003
  • 『今どきの大人と子どもの本』(木城えほんの郷) 2003
  • 『はじめてのおさんぽ』(あいのやゆき絵、主婦の友社) 2004
  • 『はらっぱはいはい』(主婦の友社) 2004
  • 『ひとりでうんしょどっこいしょ』(主婦の友社) 2004
  • 『本の探偵事典』全4巻(フェリシモ) 2005 
  • 『調べ学習の基礎の基礎 だれでもできる赤木かん子の魔法の図書館学』(ポプラ社) 2006
  • 『図書館へ行こう!』全3冊(ポプラ社) 2007 
  • 『かならず成功する読みきかせの本』(自由国民社) 2008
  • 『自然とかがくの絵本 総解説』(編著、自由国民社) 2008
  • 『子どもに本を買ってあげる前に読む本 現代子どもの本事情』(ポプラ社) 2008
  • 『お父さんが教える自由研究の書きかた』(自由国民社) 2009
  • 『お父さんが教える読書感想文の書きかた』(自由国民社) 2009
  • 『赤木かん子の読書力アップ! 学校図書館のつくり方』(光村図書出版) 2010
  • 『本で調べてほうこくしよう』(ポプラ社) 2011
  • 『先生のための百科事典ノート この一冊で授業が変わる!』(ポプラ社) 2012
  • 『子どもを本嫌いにしない本』(大修館書店) 2014

共編著編集

  • 『Y・A読書案内』(金原瑞人他共著、晶文社) 1988 
  • 『Little selections あなたのための小さな物語』全8巻(編、ポプラ社) 2001
  • 『こころの傷を読み解くための800冊の本 総解説』(編著、自由国民社) 2001
  • 『おはなしのおもちゃ箱 こんなとき読んであげたい』1 - 2(編著、PHP研究所) 2003
  • 『もしそれがわたしだったら 24の反戦詩集』(葉祥明絵、自由国民社) 2003 
  • 『しらべる力をそだてる授業!』(塩谷京子共著、ポプラ社) 2007
  • 『ラブストーリーセレクション』全10巻(ポプラ社) 2008 
  • 『赤ちゃんが大好きな絵本 妊娠中から0,1,2歳まで 愛おしくてたまらない80冊』(加藤美穂子共著、ポーラスタァ) 2011

(その他アンソロジー、編纂多数)

翻訳編集

  • 『いちばんすてきなプレゼント』(ホリー・ケラー、赤木一昌共訳、ポプラ社) 2001
  • 『カメレオンはどこ?』(クレイグ・K・ストレート、ほるぷ出版) 2002
  • 『うまのディジーとねこのルイジ』(ジェレミー・スタイグ、角川SSコミュニケーションズ) 2008
  • 『ドラゴン・アイ』(ドゥガルド・A・スティール、今人舎) 2009 

外部リンク編集