メインメニューを開く

ローヤル館(ローヤルかん[1])は、1916年(大正5年)10月1日から、1918年(大正7年)2月25日まで、ジョヴァンニ・ヴィットーリオ・ローシーが主宰してオペラオペレッタを興行した、東京市赤坂見附にあった小規模な歌劇場。しばしば、地名を冠して赤坂ローヤル館とも称され、また、歌劇団としてはオペラコミック・ローヤル館ともいう[2]

概要編集

オペラオペレッタの上演に取り組んでいた初期の帝国劇場で、1912年8月から指導にあたっていたローシーは、帝劇歌劇部が1916年5月に解散された後、私財を投じてオペラ興行を継続しようとした[2]

ローシーは、赤坂見附の近くにあった映画館「萬歳館」を買い入れて、定員500名の小規模な歌劇場に改装した[3]。客席は1等から3等があり、さらに4人が入れるボックス席も設けられていた[3]。料金は当時としては相当の高額に設定されており[4]、初公演の『天国と地獄』では、ボックス席16円、1等3円、2等2円、3等1円であった[3]。1等席の背後には、バーも設けられていた[3]。また、観客には、礼服の着用が求められるという、上流指向の経営方針が採られた[4]

旗揚げの時点で、俳優は30人でその半数ほどが女優であったとされ、その中には、帝劇オペラ出身の清水金太郎・静子夫妻や原信子らがおり、さらにオーケストラが14人で編成されていた[3]。その後、田谷力三など、新たに参加する役者があった一方で、後期になるとローシーとの対立から原信子も、清水夫妻も、退団して去り、浅草オペラに転じるという事態になった[2]

いち早く1916年9月25日に、報道関係者など50人あまりを招いて舞台開きをした後、10月1日からオッフェンバックの『天国と地獄』の興行を始め[3]、初期には、スッペの『ボッカチオ (Boccaccio)』、『コルヌヴィルの鐘 (Les cloches de Corneville)』などオペレッタをおもに日本語で上演したが、1917年10月にイタリア語原語で公演したマスカーニの『カヴァレリア・ルスティカーナ』以降は本格的オペラにも取り組み、ロッシーニの『セビリアの理髪師』なども上演した[2]。しかし、興行的には振るわず、1918年2月のヴェルディの『椿姫』を最後に活動を終えた[2]

ローシー後のローヤル館編集

ローシーは、ローヤル館を手放した後、1918年3月21日にアメリカ合衆国へ向かい離日した[2]

その後、ローヤル館では、姫路興行部による原信子一座の『ボッカチオ』などの公演が行われたりもしたが[5]、もっぱら映画の上映が行われた[6]

脚注編集

  1. ^ 同時代資料など歴史的仮名遣によるルビでは「ローヤルくわん」
  2. ^ a b c d e f 菊池清麿. “近代日本洋楽史/近代日本音楽史の一断面”. 菊池清麿. 2017年10月15日閲覧。
  3. ^ a b c d e f “ロシー氏の旗揚 昨夜の舞台開き 心持のよい小劇場”. 朝日新聞・東京: p. 5. (1916年9月26日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  4. ^ a b クロード・ミッシェル=レーヌ. “アルザス日欧知的交流事業日本研究セミナー「明治」報告書 帝国劇場の活動-日本におけるオペラ開始 (PDF)”. 国際交流基金. 2017年10月15日閲覧。
  5. ^ “えんげい便”. 朝日新聞・東京: p. 7頁. (1919年2月27日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  6. ^ “(広告)赤坂見附・ローヤル館 北極探検実写”. 朝日新聞・東京: p. 4頁. (1919年7月28日) “(広告)赤坂見付ローヤル館 毎夜満員御礼 イントレランス”. 朝日新聞・東京: p. 1頁. (1919年9月10日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧