メインメニューを開く

ロールス・ロイス・ファントムV

ファントムV

ファントムVPhantom V )はロールス・ロイス1959年9月[1][2]から1968年まで[2]製造した乗用自動車である。

1968年ファントムVI発売に伴い製造中止され、製造台数は516台であった[2][3]。有名な個体としてはエリザベス2世専用車「キャンベラI/II」がある[2]

概要編集

名称からすればファントムIVの後継だが、実態はシルヴァーレイスの後継[1][2]に近く、シルヴァークラウドIIのカスタムコーチワーク版大型シャシ[1]であり、基本的構成、サスペンションやブレーキ、エンジンも共通である[1]

機構編集

90V型8気筒エンジン、内径φ4.1in=約104.14mm×行程3.6in=約91.44mmの6,227cc[3]

トランスミッションは4速AT[3]で、その車重に対応するためファイナルはシルヴァークラウドIIの3.08から3.88に下げられたが、最高速は165km/hを超え、0-50mph9.7秒、SS1/4マイル19.4秒と並みの実用車には追随できない運動性能を持っていた[1]。それでも室内はほとんど無音で、乗り心地も非常に重厚かつフラットであった[1]

コーチワークを行なったのはパークウォードH・J・ミュリナージェームズ・ヤングのみとなった[1]。ジェームズ・ヤングは比較的スタイリッシュな5/6座ツーリングリムジンも作ったが、ほとんどは7/8座リムジンであった[1]。1961年には前2社が合併してH・J・ミュリナー・パークウォードとなり、1966年にステイツランドレーを発売している[1]

価格はシャシでこそ£3130とシルヴァークラウドIIと大差なかった[注釈 1]が、完成車はパークウォードリムジン£6285などスタンダードサルーンより50%以上高価になった[1]

リアの油圧ダンパーはタウンとパレード用、ラフロードと高速用[注釈 2]の2段階に調節可能である[1]

パワーステアリングは路面感覚が希薄だと批判され1959年に改良された[1]1963年シルヴァークラウドIIIへの改良に伴いエンジンが仕様変更を受け[2]、またヘッドライトが四灯式となった[1][2]

脚注編集

注釈編集

[ヘルプ]
  1. ^ ショートホイールベース版で£2985、ロングホイールベース版で£3045。
  2. ^ 50km/h以上。

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 『世界の自動車-22 ロールス・ロイス ベントレー - 戦後』pp.79-93。
  2. ^ a b c d e f g 『ワールド・カー・ガイド27ロールス・ロイス&ベントレー』pp.95-99「戦後から現代」。
  3. ^ a b c 『ワールド・カー・ガイド27ロールス・ロイス&ベントレー』pp.171-185「スペック」。

参考文献編集