ローンストン子爵

コーンウォール州におけるローンストン子爵(ローンストンししゃく、英語: Viscount LauncestonまたはViscount of Launceston)は、イギリス子爵位。グレートブリテン貴族連合王国貴族としてそれぞれ1度創設された。

歴史編集

1726年7月26日、イギリス国王ジョージ2世(1683-1760)の息子フレデリック・ルイス王子(1707-1751)はカーナーヴォン州におけるスノードン男爵、コーンウォール州におけるローンストン子爵、ケント州におけるエルタム伯爵イーリー島侯爵Marquess of the Isle of Wight)、エディンバラ公爵に叙された[1]。1751年にフレデリック・ルイス王子が死去すると、その息子ジョージ(1738-1820)が爵位を継承したが、ジョージが1760年10月25日にジョージ3世としてイギリス国王に即位すると、爵位は王領に統合された[2]

第一次世界大戦中の1917年、アレクサンダー・フォン・バッテンベルク(1886-1960)ヘッセン大公国ドイツ帝国における称号を放棄し、代わりにマウントバッテン姓を名乗り、連合王国貴族であるコーンウォール州におけるローンストン子爵バークハムステッド伯爵キャリスブルック侯爵英語版に叙された[3]。しかし妻との間に娘しかもうけず、1960年に死去すると爵位は廃絶した[4]

ローンストン子爵(第1期、1726年)編集

ローンストン子爵(第2期、1917年)編集

出典編集

  1. ^ "No. 6494". The London Gazette (英語). 12 July 1726. p. 1.
  2. ^ Cokayne, George Edward; Gibbs, Vicary; Doubleday, Herbert Arthur, eds. (1926). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (Eardley of Spalding to Goojerat) (英語). 5 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press, Ltd. pp. 6–7.
  3. ^ "No. 30374". The London Gazette (英語). 9 November 1917. pp. 11593–11594.
  4. ^ "Carisbrooke, Marquess of (UK, 1917 - 1960)". Cracroft's Peerage (英語). 2019年12月23日閲覧