アレグザンダー・マウントバッテン (初代キャリスブルック侯爵)

初代キャリスブルック侯爵アレグザンダー・アルバート・マウントバッテン: Alexander Albert Mountbatten, 1st Marquess of Carisbrooke,GCB GCVO1886年11月23日 - 1960年2月23日)は、イギリスの王族。

アレグザンダー・マウントバッテン
Alexander Mountbatten
初代キャリスブルック侯爵
Alexander of Battenberg, Marquess of Carisbrooke.jpg
アレグザンダー・マウントバッテン(1905年頃)

出生 (1886-11-23) 1886年11月23日
イギリスの旗 イギリスウィンザー城
死去 (1960-02-23) 1960年2月23日(73歳没)
イギリスの旗 イギリスケンジントン宮殿
埋葬 イギリスの旗 イギリスワイト島
配偶者 アイリーン・デニソン英語版
子女 アイリス英語版
家名 バッテンベルク家
父親 ヘンリー・オブ・バッテンバーグ
母親 ベアトリス
テンプレートを表示

生涯編集

第5王女ベアトリス英国女王ヴィクトリア王配アルバート)とバッテンベルク公ハインリヒ・モーリッツの長男として誕生した。妹にスペイン国王アルフォンソ13世王妃ヴィクトリア・ユージェニーと弟2人がいる。

父親であるハインリヒ・モーリッツがドイツ領邦ヘッセン大公家出身であるため、ドイツ帝国における称号も保持していた。第一次世界大戦でドイツと英国が敵対関係であったため、英国の国民感情に配慮した王室の面々がドイツにおける称号を放棄したため、アレグザンダーもそれに従って放棄した。その放棄した称号には父が名乗っていたバッテンベルク公の称号も含まれていたため、従兄ジョージ5世よりワイト島のキャリスブルック城にちなんだキャリスブルック侯爵の称号を授与された。1960年2月23日にケンジントン宮殿で死去した。

爵位・栄典編集

爵位編集

1917年に以下の爵位を新規に叙された[1][2][3]

  • 初代キャリスブルック侯爵(1st Marquess of Carisbrooke)
    (勅許状による連合王国貴族爵位)
  • 初代バーカムステッド伯爵(1st Earl of Berkhamsted)
    (勅許状による連合王国貴族爵位)
  • 初代コーンウォール州ローンストンのローンストン子爵(1st Viscount Launceston, of Launceston in the County of Cornwall)
    (勅許状による連合王国貴族爵位)

栄典編集

家族編集

1917年7月19日にアイリーン・デニソン英語版(Irene Denison、1890年7月4日 - 1956年7月16日、第2代ロンズバラ伯爵の娘)と結婚して一女を儲けた[2]

脚注編集

註釈編集

[脚注の使い方]


出典編集

  1. ^ "No. 30374". The London Gazette (英語). 9 November 1917. 2021年1月1日閲覧
  2. ^ a b c d Heraldic Media Limited. “Carisbrooke, Marquess of (UK, 1917 - 1960)” (英語). www.cracroftspeerage.co.uk. Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2020年9月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月7日閲覧。
  3. ^ a b c Arthur G.M. Hesilrige (1921). Debrett's peerage, and titles of courtesy, in which is included full information respecting the collateral branches of Peers, Privy Councillors, Lords of Session, etc. Wellesley College Library. London, Dean. p. 172. https://archive.org/details/debrettspeeraget00unse/page/172/mode/2up 
イギリスの爵位
爵位創設 キャリスブルック侯爵
1917年 – 1960年
廃絶