メインメニューを開く

株式会社ワイヤービー (WireBee Inc.) は、かつて存在した日本の企業。本社は東京都千代田区二番町にあった。ブロードバンドインターネット関連事業を行っていたほか、BS放送による委託放送事業者としてラジオ放送も展開していた。

クラブコスモ
基本情報
略称(愛称) Club COSMO
運営(番組供給)事業者 株式会社ワイヤービー
旧チャンネル名 セント・ギガ
放送(配信)開始 2003年4月1日
放送(配信)終了 2003年9月30日
アナログ放送(BS、放送終了)
チャンネル番号 5ch
放送開始 2003年4月1日
放送終了 2003年9月30日
衛星基幹放送(BSデジタル放送)
物理チャンネル 333ch
633ch(番組案内)
636ch(チャンネル案内)
放送開始 2003年4月1日
放送終了 2003年9月30日
特記事項:
事業売却により2003年10月1日から「World Independent Networks Japan」へ改称。

概要編集

元々はマイラインの登録業務などの回線コンサルティング業務をメインとする企業として、2000年に設立された。その後はソフト開発も手がけるようになり、主に携帯電話向けのノイズキャンセラー技術や3Dゲーム関連技術について海外の企業からライセンスを受け、国内企業向けの受託開発を行うことを目指した。

一方、BSデジタルラジオ333ch、BSデジタルデータ633ch・636chにて音楽放送をしていたセント・ギガが、運営元の衛星デジタル音楽放送株式会社の中心人物の相次ぐ死去による求心力の低下や加入者の伸び悩みに加え、大株主である任天堂からの支援打ち切りなどの影響から2001年7月25日民事再生法の適用を申請して倒産し、再生計画に基づいてワイヤービーの傘下となった。2002年6月4日には、民事再生手続の終結が決定された。

2003年3月31日付をもって衛星デジタル音楽放送はワイヤービーに吸収合併され、翌4月からはワイヤービーの衛星音楽放送事業部門として局名を「クラブコスモ」 (Club COSMO) と改め、放送を継続した。しかし、セント・ギガと同様に業績の低迷が続いた結果、同年7月に放送事業の売却が決定し、同年10月1日には同部門の営業権および無線局免許を別会社のWorld Independent Networks Japan株式会社 (WINJ) に譲渡し、放送事業から撤退した。

譲渡直後の2003年10月15日破産し、2004年9月24日破産廃止を経て法人格は消滅した。その時点で、税金さえ滞納した状態であった。

そのWINJも、2006年11月1日に放送機器メンテナンスの名目で放送を休止した。放送は再開することはなく、2007年11月14日には放送法に基づき委託放送事業者の認定取り消しとなり、放送終了となった。BSデジタルラジオ放送の歴史は、約4年後の2011年10月1日に参入する放送大学まで途切れることとなる。

関連項目編集